2018
06.25

出逢いは嵐のように 52

強張った手を引き抜こうとしたが、簡単には引き抜くことが出来そうにないと感じて止めた。そして神経が研ぎ澄まされ、自分の心臓の音が聞こえてくるようだった。

心はイエスと言っている。だが自分にはまだ無理だ。
心は望んでいたとしても身体の準備が出来ていない。
それを口に出して言うべきだが、なんと言えばいいのか。
35歳の女が過去に何もなかったと知れば不気味なはずだ。もしかすると何か問題を抱えているのか。そう思われたとしてもおかしくはない。

そしてつくしとは違い場数を踏んだことが感じられる身体の動きは、流れるようなエスコートをする。手を握られたまま、リビングルームまで連れて行かれ、もう片方の手が闇に包まれた場所に明かりを灯した。そしてその時やっと手が離されたが、静かに離された手は闇夜行く船を安全な港にいざなうような手だったが、ここまで連れて来るために、握っていた手だとすれば、もういいということか。
そしてその手が離された途端、どこか寂しいような気がしていた。
するとその思いが伝わったように言われた。


「心の声は何て言ってる?」

「えっ?」
司はクスリと笑った。
「今夜お前はどうしたい?」

「どうしたいって….」

つくしは言葉に詰まった。
どうしたい。
その言葉に込められているのは、今晩同じベッドで過ごすのかという意味だが、つくしは言葉を継ぐ事が出来ず黙っていた。

「決めるのはお前だ。迷ってるんだろ?」

今夜どうしたいのか自分で決めろ。
それは自分の意志はどうなのかということだが、相手がつくしの経験のなさを知らないとしても、無理強いされないことがつくしにとってどれだけ重要なことか。

若ければ男性との行為も今ほど深く考えなかったかもしれない。
だが自分ではこの年まで経験がないということが恥ずかしいことと思わなくても、やはり35歳の女が何も経験がないことを知れば、無気味に思い、何か問題を抱えているのではないかと思うこともだが、つまらない人間だと思うかもしれない。

だが男性に全く縁のない浮世離れした生活を送ってきた訳ではない。それに、人生の半分を終えようとしている年齢の今、地味だと言われる女は、二つの黒い瞳に見つめられながら言葉の意味を考えていた。

つくしの人生には幾つかの転機があり、もし今夜がその転機のひとつだとすれば離された手をもう一度取ればいいはずだ。いや違うはずだ。男性が恋人に求める態度は、首に腕を捲きつけ、抱きつくようにキスをすることだ。
だが今のつくしにそうすることが出来るかと言えば、経験不足の頭には恥ずかしさといった方が先に立ち、簡単には出来そうにはなかった。

「あの、私は_」

「迷ってるなら止めろ。俺は無理矢理女を抱いて喜ぶ男じゃない。
それに相手が与えようとしないものを奪ってまで女が欲しいって男じゃない」

心を読まれていることが分かった。
そこまで言われれば、この場所から後ずさることを許されたということだ。
今夜はご馳走様でしたの言葉だけで自分の部屋へ戻ればいいはずだ。
だが、たった今言いかけた言葉を口に出さずに終わることは出来ない。伝えなくてはいけないことのように感じられた。
それに近い将来経験がないことは分かることなのだから伝えた方がいいはずだ。
未熟な女があなたの恋人ですがそれでもいいですかと。
だが、言おうと口を開きかけた時には抱きしめられていた。

「どうだ?俺が欲しいか?欲しいならこのままベッドだ。無理強いはしないが、俺はお前を抱きたい」

抱きしめられ耳元で低く甘い声でそう囁かれれば、うんと言いそうになったが躊躇った。
言えなかった。
そして何も言わずにいると、

「どうだ?まだ答えは出ないか?」

と訊かれたが、抱きしめられたままの姿勢でただ動かずじっとしている女は、答えを探していたが、頭の上でククッと笑われると顔がカッと赤くなるのが感じられた。
何しろ相手は女性に不自由したことがないと言われる男性だ。
その容姿は見事なまでに美しい。いや。男性に美しいという言葉は似合わないかもしれないが、実際美しい男性なのだからその言葉でもいいはずだ。そんな男性に抱きしめられ、耳元で囁かれればイエスと答える以外ないはずだ。

だがつくしの心を動かしたのは、そういった外見でもなければ、財力でもない。
そしてお前を抱きたい、の言葉に答えを出せと言われても、経験のない女は何と返事をすればいいか分からなかった。すると今度は、またびっくりするようなセリフを口にした。

「部屋で待ってる。無理強いはしない。俺が欲しいなら自分で来てくれ」

と言って身体を静かに離しリビングを後にした。





にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2018.06.25 06:05 | 編集
司*****E様
おはようございます^^
ついに「その時」が来たのでしょうか。
心はOK。でも身体はね(笑)
心と身体の準備は大切です。
35歳にもなって経験がない女はどう思われるのか。そちらが心配になる女。
そして司はその躊躇いをどのように思っているのでしょうね。
欲しいなら自分から来いという男。
さて、真実が分かる日は来るのでしょうか。
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2018.06.25 21:41 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2018.06.26 00:41 | 編集
さ***ん様
一般人が口にすれば間違いなくくさい台詞(笑)確かにそうですよね(笑)
耳元で俺はお前を抱きたいと囁かれてどうするのか。
行きますよ。行きましたよね?
だって恋をはじめた女ですから、行くしかありません。行っていただかなければ話は続きません!
そして続きは、御覧の通りです(笑)
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2018.06.26 23:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top