FC2ブログ
2015
10.15

まだ見ぬ恋人1

高層のオフィスビルに入ると心地よい空調システムのおかげで一息つくことが出来た。
司が無人のエレベーターに乗り込み35階のボタンを押すとドアは静に閉まった。
そして鏡面仕上げされた壁に映る自分の姿を確認していた。
いつもと何も変わりがないように見える。
しいて言えば癖のある髪の毛が少しだけ乱れているくらいか。
彼を乗せたエレベーターのドアは目的のフロアで音もなく開いた。

目の前には社名の金文字が刻印された黒色のプレートが壁面にかかり、重厚なドアが見える。
そのドアまで数歩でたどり着くとインターフォンを押す。
ドアはセキュリティ対策が万全に施されていて外からは簡単には開かない。

道明寺HDが所有する調査会社はこのビルの中に本社がある。
司は自らの足でこの会社を訪れていた。

彼がエレベーターを降りたころ、すでに中ではひとりの男がドアの向こう側で待っていた。

「道明寺支社長、わざわざお越しいただかなくてもこちらから支社の方へお伺い致しましたのに」
「いや、いいんだ。個人的なことだ」
司はそう言うと向かい側の椅子に座る男に話し始めた。

「探して欲しい人物がいる」
彼は少し考えながら言葉を選んだ。
「お話下さい」
男は警察庁あがりだ。人探しならこの男の右に出る調査員はいないだろう。
彼は手元に用意したファイルに書き込む為にペンを取り出していた。
「名前は不明、性別は女・・・歳の頃は俺と同じくらい」
「それで?どうぞ続きをお話下さい」
「髪は黒くて肩の下くらいの長さ、背の高さは160くらいか?」
「どうぞ続きを」
「ベージュのコートに赤い傘だ」
司は答えた。

「道明寺支社長、少しお伺いしたいのですがよろしいですか?」
男は手にしたファイルをテーブルに広げたままで司に言った。
「率直にお伺いいたします。その方は・・どういう調査対象になるのでしょうか?」
司は黙ったまま答えなかった。
答えなかったのではなく、答えられなかった。
彼は立ち上がると窓の傍まで行き、背を向けた姿勢のまま低い声でこう言った。
「うちの会社にとっての最重要人物だ」
男は考えた。
この女性が道明寺HDにとっての最重要人物?
「支社長、もう少し具体的な・・」
「あ?地下鉄の駅で会った」
司はいきなり切り出した。
「地下鉄の駅ですか?」
「ああ」
「どこの駅ですか?」
「議事堂近くだ」
司はじりじりして言った。
「大使館やコンサートホールがある辺り・・・ですか?」
「そうだな・・」
司は振り返ると黙って男を見た。
「やってくれるよな?」
彼は苛立ちが声に出るのを抑えながら言った。
「も、もちろんです。支社長直々のご依頼とあれば何をおいても調査致します」
男はきっぱりと言った。

司と男との会話はたったそれだけだった。
男は考えていた。
この東京にいったいどれだけ支社長と同じ年頃の女性がいると思っているのかと。
それでも彼の依頼を断ることは出来ない。
そんなことをすれば命取りになる。
何がなんでもその女性を探さなくては!


*******


あきらが司の執務室を訪ねたのは特段の用があったわけではなかった。
いつものように一方的に呼び出されただけだった。
「司、いちいちおまえの都合で呼び出されちゃこっちも困るんだ!」
そう言いながら彼は用意されたコーヒーを口にした。
「なんだよあきら、そんなツレネーこと言うなよ」
「俺も専務って立場があるんだから、勝手気ままに動いていいわけじゃないんだ」
彼は自分の腕時計を指さしながら言った。
「で、なんだよ今日は!」
「あきら、おまえのところの調査会社って人探しは得意か?」
司はあきらの目の前に座ると同じく目の前のコーヒーに口をつけた。
「なんだよ、藪から棒に?」
「探して欲しい人間がいる」
そう言うとコーヒーカップをソーサーに戻した。
「司、おまえのところも調査会社があるだろ?」
あきらはソファにもたれかかると腕を組んだ。
「ああ、勿論そっちは手配済みだ」
「そうか・・・。で、なに?取引絡み?」
「いや、違う」
「じゃあれか?取引相手の弱みを握るとか?」
あきらは組んでいた腕をほどくと身を乗り出すようにして聞いてきた。

「いや。それも違う」
「じゃあなんだよ?」
「 女だ 」
司は答えた。
「 女? 」
「そうだ・・」
「やっぱりあれか?取引相手の女関係か?」
あきらは合点が言ったように聞いてきた。
「いや・・違う」
「だからなんだよ!司はっきり言えよ」
あきらは苛立ちを抑えつつも言い切った。

「俺が・・・惚れた女だ」
「おまえが・・・惚れた女?おまえがか?まじかよ?」
あきらは何度も確認するように聞いていた。
「悪いかよ!」
「お、女嫌いのおまえが・・?」
司の向かいの席であきらは腹を抱えて笑いだしていた。
「見合い相手もボコるくらいの女嫌いのおまえが?」
いったん笑い出したあきらはその笑いを止めることが出来ず、その可笑しさからか両目の端から涙を流しながら笑っている。

司はあきらが驚くのも無理はないと思った。
俺が女に惚れるなんて自分でも信じられない思いだったから。
だからこそ彼女を探し出さなくてはいけないと思っていた。









人気ブログランキングへ

応援有難うございます。
関連記事
スポンサーサイト




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.10.15 05:46 | 編集
た*き様
出会いのきっかけはどんなことでもいいかなって思いました。
地下鉄と彼、似つかわしくないかもしれませんが庶民生活の経験も必要かと。
出会いは一期一会ですから、この出会いはどうなるんでしょうか?
つくしちゃんが彼を知っているかどうかは今のところ不明です。
なにしろ今のところはほほ笑んでいるだけですので・・(笑)


アカシアdot 2015.10.15 22:49 | 編集
こんちは様
拍手コメント有難うございます。
続きが気になりますか?
そう言って頂けて嬉しいです。
明日も更新予定ですので覗いて見て下さいね。
アカシアdot 2015.10.15 22:56 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.12.07 18:10 | 編集
ま**ん様
一気読み有難うございます。
いかがでしたでしょうか?
司の一目惚れ、それも地下鉄の駅!
司が地下鉄ですって?(笑)
それも完全なる勘違いで始まる恋でした。
主流とは違い傍系のお話ですがお楽しみ頂けたでしょうか。
コメント有難うございました(^^)
アカシアdot 2015.12.08 00:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top