2017
08.01

時の撚り糸 12

つくしは、案内された部屋で着替えを終え、あらかじめ教えられていたダイニングルームへ足を向けた。
心臓がどきどきするのは、9年前を最後に途絶えてしまった元恋人と食事をするからだ。
休暇をこの島で過ごそうと言われ、彼が求めているのは友情ではないと言われ、求めているものをはっきりと告げられれば、いったいどういった態度を取ればいいのだろう。
だが鏡の中に見た自分の顔は、どこか嬉しさもあったはずだ。9年経っても好きだと言われ、4年前の記憶を蘇らせながら、同時に車の中で言われた言葉を思い出していた。

『朝起きて思うのはいつもおまえのことだ。ガラス窓に雨が打ちつけるたび、思い出すのはおまえのことだ。・・ひとりになってから雨が降るたび思い出すのはあの日の光景だ』

つくしも同じだ。
雨が降れば思い出すのはあの日の光景。
NYと東京という遠い場所で瞼を閉じた二人が浮かべていたのは、同じあの雨の日の別れ。
あれは二人の歴史の中で決して忘れることが出来ない光景だ。
だがあの雨で私はひとつ大人になった。


彼は、自分の感情を隠すことはしない男だ。
そして過去は振り返らない。それはつくしにも言えたはずだ。
過去は過去。過去は変えられないが未来は変えられると言ったことがある。
それなら今、二人の前にあるのは、明るい未来と言っていいのだろうか。あのとき、手放してしまった二人の未来をこの手に取り戻すことが出来るのだろうか。だが、自分ひとりがいくら考えてもどうにもなるものではない。

滋に船で拉致されたとき、彼と向き合わざるを得なかったが、この状況はまさにあの時と同じだ。それなら向き合ってみるべきだ。あのとき、二人きりの無人島だったから本心を告げることが出来た。今があの時と同じなら自分の気持ちを正直に伝えればいい。
やり直したいと言われたが、戸惑っていると。

それに、いい大人がいつまでも子供のように、そっぽを向いていることは大人げない。
きちんと話し合いが出来ない方がおかしい。今の二人なら理性を持って話が出来るはずだ。
どんなことでもいい。あの頃と違う夏の景色だが、懐かしい昔話しでもいい。とにかく、何か話をしてみれば、自分の心を正確につかむことが出来るはずだ。







スパニッシュコロニアルと呼ばれる作りの別荘は、カリフォルニアやフロリダに多く見られるスタイルだ。シンプルな切妻屋根に、赤茶色のスペイン瓦が乗せられ、壁は白い漆喰。
ダイニングルームは、床面まである両開きのフレンチ窓が、テラスに向かって大きく開かれ、青い海に溶けていく黄昏の空が見えた。
それは、まるで三次元の世界から、四次元と言われる世界へ旅をするような光景で、今まで見たことのない風景だ。だが、つくしはひどく緊張していたので、今その風景をのんびりと楽しんでいる余裕はない。ただ室内は、居心地のよさそうな空間だと感じた。

大きな部屋には、あちらこちらに、ハイビスカスと白や黄色のプルメリアの花が飾られ、マホガニーで出来た家具が並び、テーブルはセッティングがされ、あとは料理が運ばれてくるのを待つだけの状態だ。

「その服。よく似合ってるじゃねぇか。サイズは滋から聞いたけど、昔と変わってねぇんだな」

「ちょっと、び、びっくりするじゃない。く、熊が出たのかと思ったじゃない!」

誰もいないと思っていたテラスの薄闇から現れた男に、驚いたと同時に息を呑んだ。

「アホか。おまえは。カリブ海に熊が出るか」

どこかにやけた笑いを浮かべた男は、テラスでつくしが室内に入って来るのを見ていた。
そして、彼女が周囲の様子を観察している姿を眺めていた。
テラスに出て来るかと思ったが、テーブルセッティングを熱心に見つめている姿に、驚かしてやろうと考え、足を踏み出すと同時に声を掛けていた。

「おまえがどうしても熊が見たいってなら、連れて来てやるが?どうする?まあ、今から空輸するなら明日になるか?で、熊はどの種類がいいんだ?ヒグマか?それとも北極熊にするか?ああ、北極熊は暑い場所は無理か?それならプールに氷でも浮かべてやるか?」

司は面白そうに口を緩め、顎に手を当て考える素振りを見せた。

「な、何バカなこと言ってるのよ!熊なんて連れて来なくていいわよ!」

つくしは、大きな声が出てしまったことに慌て、それから少し間を置き静かに言った。

「・・そんなことより、こんなに長い休み取っても大丈夫なの?」

つくしは何から話せばいいのかと思ったが、今一番頭の中にある疑問を口にしていた。
道明寺司は、本来ならカリブの島にいる人物ではない。彼のような立場の人間が10日も休みを取るということが、どれだけ大変なことかということは、理解しているつもりだ。
何しろつくしと付き合っていた頃でさえ、満足に休みを取ることは出来ず、休むことが出来たのは、NYと東京を往復するジェット中だけだったはずだ。




彼女の声は、戸惑いを含んだ声。
だが司の耳には、先ほどまで彼に対し関心がないような素振りだったものが変わったと感じられた。

「おまえを取り戻すためなら、仕事なんてどうでもいい。・・ってのは冗談半分本気だが、最近大きな案件が纏まったところだ。それに心配してくれるのは有難いが、おまえが気にするようなことはないから安心しろ。・・けど10日の休みが長いなんて言えるか?最低でも2週間だろ?」

司は冗談半分に言ったが本気だ。
今の道明寺HDは会社存続の危機を迎えた頃とは違う。会社としての道筋は示されているのだから、自分がいなくても、問題はないと考えていた。だが、彼女が心配した理由も分かる。会社が傾いた時を知るのだから、気になったのだろう。

休暇にしてもそうだ。今回のように突発的な休暇を無理矢理もぎ取るというのではなく、計画的な休暇なら取ることが出来た。だが、共に過ごす相手がいなければ、休暇を取る意味など無いと、今まで取らなかっただけだ。
けれど、彼女を、牧野つくしを取り戻すためなら喜んで休暇も取るし仕事は二の次になる。

「牧野・・とりあえず話しは後だ。まずは食事だ。おまえ、昼メシまだだったんだろ?」

ニュージャージーでジェットに乗ったのは昼前だ。

「え?・・うん」

「そんなことだろうと思ったぜ。おまえ、車の中でも不機嫌そうな顔だったしな。それに、おまえは昔から腹を空かせるとロクな事考えねぇからな。本当なら、ジェットの中で昼メシ食わせてやるつもりだったがおまえ寝ちまったしな。・・ったくおまえのその癖、昔のまんまだな」

そうだ。どういう訳か、そういったことは変わってない。
だがそれが、司にとっては好ましことでもある。昔のまま変わらないことが懐かしさと同時に、変わらなかったことにホッとする。もし何もかもが昔と変わってしまっていたなら、もうあの頃の二人に戻れないのではないか。そんな気がするからだ。

「な、なによそれ、お腹が空いてるからって変なことなんて考えないわよ?」

「なによってそうだろうが。まあ人間ってのは、頭ん中に糖分が行きわたってねぇと頭が働かねぇからな。それにおまえ、まだ〝食べ盛り″じゃねぇのか?」

「だ、誰が食べ盛りなのよ?そんなのもうとっくに卒業してるわよ!」

司は、どこか大人しいと感じていたつくしが、昔のような口調で言葉を返したことが嬉しかった。昔と変わらない。そう感じ、自分がつくしの感情を引き出したことに喜びを感じた。
そして、頬を染め、彼を見上げる姿に懐かしさを感じ、彼女の顔を見つめていた。
ジェットの中で頬にキスをしたが、今はそれ以上に唇へと視線が引き寄せられた。

「ああ、分かったからもう座れ。言いたいことがあるなら食事しながら聞いてやるよ」

軽口を叩けるようになった姿に、思わず笑みが漏れそうになったが、わざと呆れたように言った。9年の時の流れを少しずつでいいからあの頃へ近づけたい。
司は、テーブルに近づき、椅子を引き、つくしに座るように促した。

キュッと引き結ばれた口元が、まだ何か言いたげだったが、大人しく近づいて来たつくしが着席すると、肩に手を置いてから、向かいに用意された自分の席へと向かった。





にほんブログ村

当ブログは8月1日で2周年を迎えました。いつも、お読みいただき、ありがとうございます。そして、いつも応援有難うございます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 05:39 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 05:45 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 05:53 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 06:52 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 07:22 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 07:24 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 08:56 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 09:53 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 10:08 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 12:05 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 16:44 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 21:17 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 22:20 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 22:43 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.01 22:56 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.02 02:23 | 編集
じ**こ様
お祝いの言葉、有難うございます^^
>楽しい話からシリアスまで・・
極端なほどのお話もありますが、楽しんで頂けて嬉しいです。
マイペースでOK!有難うございます。
そしてこちらのお話は、司に頑張ってもらうしかないといった状況ですね。
司、押せ押せで行ってもらいたいものです(笑)
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 21:02 | 編集
k**hi様
おはようございます^^
お祝いの言葉、有難うございます!
そして、大人のつかつくですが、楽しんで頂けて嬉しいです。
このお話は司に頑張ってもらう話ですねぇ(笑)
愛を再び・・といったところでしょうか。
つくしがつくしらしい反応を示すようになりましたので、司も嬉しいようです(笑)
そうなんです。ただでさえ素直ではないつくし。再びとなるのでしょうか。
本当ですよね。南の国で開放的になってくれるといいんですが・・。
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 21:05 | 編集
み**ゃん様
おはようございます^^
お祝いの言葉、有難うございます^^
こちらのお話、10日間でなんとかなるのか?(笑)
え?いっちゃう?(笑)えーそれは司の努力次第ではないかと(笑)
舞台はカリブ海ですからねぇ。情熱的に行ってもらえないかと思っていますが、頑張れ司!
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 21:13 | 編集
y**ko様
お祝いの言葉、有難うございます^^
アカシアの世界観・・こんな世界ですが楽しんで下さって嬉しいです。
拍手コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 21:17 | 編集
司×**OVE様
おはようございます^^
やっと話しはじめたつくし。
そうです。とりあえず口を開かせなければ話になりませんからねぇ。昔のように軽口が叩けるようになれば、しめたものです。
カリブの海で心を解き放ってくれる、司がつくしの心を解き放つことを期待しましょう。

そして、お祝いの言葉、有難うございます^^
一年が経つのは早いですねぇ。いつもコメントを寄せて下さるのも大変だと思いますが、有難うございます。
大変励みになります。
拙宅、確かに色々な司がいますよね(笑)キャラが変わり過ぎでしょうか?(笑)
単なる色んな彼が見てみたいといったところかもしれません。
御曹司とダークな司が一番のお気に入りですか?
御曹司は作品が増えましたので、アカシア本人も本当にどんな内容だった?と思うんです。
司×**OVE様の方が詳しいかもしれません(笑)
ダーク司はもう一人いるので、出したいな・・と思いつつ纏まりが悪いんです(笑)
これからも懲りずに・・(笑)
はい!お待ちしております!
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 21:22 | 編集
あ**ち様
はじめまして^^
お祝いの言葉、有難うございます^^
このような拙宅でよろしければ、いつでも読みに来て下さい。
アカシアの好みの関係上、大人の坊ちゃんしか書けませんが、楽しんで頂けて嬉しいです^^
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 21:38 | 編集
み*み様
おはようございます^^
お祝いの言葉、有難うございます^^
読み逃げOKです(笑)
色々な坊っちゃんがいますが、お好きな彼で楽しんで頂ければと思います。
そして、いつも応援有難うございます。
み*み様もお身体ご自愛くださいませ。
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 21:42 | 編集
ふぁ***~んママ様
お祝いの言葉、有難うございます^^
毎日更新はたまたまです(笑)電池切れになる事もあります(笑)
大人になった二人のお話。思慮分別もありますから、暴走しないと思いますが、司次第?(笑)
司の努力でなんとでもなる!そう思ってます(笑)
拍手コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 21:45 | 編集
ナ*シー様
お祝いの言葉、有難うございます!
いつもお読みいただき、そして、楽しんで下さって嬉しいです。
拍手コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 21:51 | 編集
イ**マ様
お祝いの言葉、有難うございます^^
まだ2年生です(笑)若輩者です(実年齢は違います(笑))
こちらのお話。まだまだじれったいつくしちゃんにヤキモキしますよねぇ。
でも司に粘ってもらいましょう!

お久しぶりでしたので、お仕事に復帰され、忙しくされていると思っておりましたが、拝読し驚きました。月並みな言葉となってしまいますが、ご体調の方はいかがですか?
色々と頭を過ることは多いと思います。それでも前を向き、頑張るイ**マ様が楽しんで頂けるお話がひとつでもあれば、アカシアは嬉しいです。たいしたお話はありませんが、現実逃避、妄想の世界で一時でも笑っていただけたら・・と思います。あ、でも中には笑えないお話もありますねぇ(*^^*)
またお元気になられたら、遊びに来て下さいね。お待ちしています。
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 21:58 | 編集
澪**ん様
はじめまして^^
お祝いのお言葉、有難うございます^^
更新頻度はたまたまなんですよ。
本当に毎日暑いですね?この暑さ、二人がいるカリブ海より暑いかもしれません。
こちらのお話は、短編ではないので、もう少し続くのではないかと思います。
つくしの心情の変化。司によって変えられて下さいと祈るばかりです。
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 22:02 | 編集
翔様
お祝いの言葉、有難うございます!
ひっそり、こっそり(笑)はい。問題ありません。読み逃げOKです!
大人の司君。時にとんでもない司もいますが、大丈夫でしょうか?
ダーク坊っちゃんとかエロ坊っちゃんとか(笑)
こんなサイトではございますが、また是非お越し下さいませ。
本当に毎日暑いですね。脳内溶けそうです。
翔様もお身体、ご自愛くださいませ^^
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 22:05 | 編集
さと**ん様
お祝いの言葉、有難うございます^^
>中高年の最高級栄養剤・・(≧▽≦)
拙宅で本当に栄養になってますか?(笑)
御曹司は妄想が酷くてイメージ壊れそうですし、突然鯉にエサを与えるダークな坊ちゃんが出てきたり、「俺はそんなに極端じゃねぇ!」と司に怒られそうです(笑)
え?御曹司100話を目指す?
・・・・無理です(笑)

カリブに熊!つくしの発想はそんなものです(笑)
でも突然庭から黒い大きな物体が現れたら、熊!←基本ですね(笑)
プールに氷を浮かべ、ホッキョクグマを飼う男。
ありそうですね(笑)司なら出来そうです(笑)
金持ちは考えることが違います(笑)
さと**ん様のレビュー、いつも楽しく拝読させて頂いています^^
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 22:12 | 編集
イ*ン様
お祝いの言葉、有難うございます!
ちょっと頑なな、大人になったつくし。幸せへのステップを踏み出せるのでしょうか?
導いてくれるのは、大人になった司です。
大人ですから、無茶はしないと思います。大きな愛で包んであげて・・と、言いたいところですが、いざとなると何をするかよく分かりません(笑)

糖分が不足すると頭の回転が悪いと言われますが、確かに余った糖分、身体のあちこちに付いて脂肪になりそうですね?
しかし、本当に暑いですね。日傘をさしても、紫外線が地表から跳ね返って来て暑いです。
イ*ン様のコメンントに、アイス、買って帰りました。
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 22:17 | 編集
8月1日21時17分にコメント下さったお方様へ

はじめまして^^
ようこそ、お越し下さいました。
そして、お祝いの言葉、有難うございます。
たいしたお話はございませんが、いつもお読みいただき、有難うございます。
このようなブログですが、お楽しみのひとつに加えて頂けて幸いです。
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 22:20 | 編集
とん**コーン様
お久ぶりです!
お祝いの言葉、有難うございます!
お忙しい日々だったんですね?そして暑い最中、お疲れ様です。
え?拙宅の坊ちゃんに心を奪われたんですか?なんと勿体ないお言葉を!
こんなサイトでよければ、また是非お立ち寄り下さい^^

え?末長く?(笑)
そうですね。何事も無理は禁物です。暑いですし、体力を奪われるこの陽射し。
はい。わかりました!睡眠も食事も取りたいと思います。となると今夜は・・・
それにしても、この暑さで食欲も減退ぎみです。水分ばかりが増える毎日です(笑)
色々とお心遣いも有難うございます!
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 22:31 | 編集
pi**mix様
司、楽しそうに熊の話をする(笑)
何でしょうねぇ。大人の余裕というか、につくしちゃんの心をほぐそうとしているように見えますが、からかっていることに間違いはないようです。
大人の司は、なんだか余裕が感じられるので、悔しいです←え、アカシアが言うな?そうですね(笑)
食事はこれからですが、楽しくなったのでしょうかねぇ(笑)
そして、おかえりなさい^^
お祝いの言葉、有難うございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。夏もアイツも頑張りたい・・と思いながら、連日のこの暑さで体力の消耗が・・。
直射日光を浴びると疲れますね、もう溶けそうです(笑)
え?笑って誤魔化すアカシア、大丈夫ですか?ありがとうございます。
2度でも3度でもどうぞお越し下さい!^^
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 22:37 | 編集
マ**チ様
こんばんは^^
お久しぶりです。お元気そうでよかったです^^
何かあったのでは!・・・とご訪問がないことに心配しておりました。
嬉しいです!アウトレット劇場の贈り物(*^^*)
久しぶりすぎて、ドキドキしました。そして読みました。
・・・。
(≧▽≦)またどうしてそんなことに!!
つくし西田!(笑)そして西田さんが真面目な顔して身体が戻ったとき、お尻の痛さを心配する下り!そして司の呟き「俺はこの先・・もう牧野とは永遠に人生を交えられない気がしてきた」
わはは(≧▽≦)このお話の司の先行きでしょうか?(笑)
2周年に花を添えて下さって有難うございます‼
十分添えて頂けました!西田さん、相変らずです。でも最高です!
本当に素晴らしい劇場です。何度でも上演して頂きたいです。
お話、有難うございました。^^(低頭)
そしてこちらのお話の二人。大人ですからね。無茶はしないと思います。
二人の糸も良い感じで絡まってもらいたいと思います(笑)
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.02 22:55 | 編集
s**p様
お祝いの言葉、有難うございます^^
毎朝新聞のように読んで頂けているなんて嬉しいです。
有難うございます。
とはいえ、予告なしで休刊している場合もあります(笑)
これからが夏本番!
既に先月から本番ではないかというくらい暑さが厳しい今年の夏。
栄養と十分な睡眠を心がけ、体調を整え乗り切りたいです。
S**p様もお身体ご自愛くださいませ^^
拍手コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.03 21:29 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2017.08.04 00:37 | 編集
き**ち様
こんにちは^^
大変光栄なコメント有難うございます。
ひとつでも心に残るお話があれば・・と思っていますが、き**ち様のお眼鏡に叶うお話がありましたでしょうか?
読み逃げOKですからね。ふら~っと読んで下さい(笑)
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.08.04 21:35 | 編集
Ke**mama様
はじめまして^^
2周年お祝いのお言葉有難うございます。
このようなサイトですが、よろしくお願い致します。
拍手コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.09.13 21:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top