2017
07.16

真夏の恋 6

*性的な要素が含まれますので、ご注意下さい。
 





この広い世界で、自分だけの、たったひとりの人と出会うことが出来る人間が、いったい世の中にどれくらいいるのか。既にそんな人に出会えているのなら、その幸運を喜ぶことを忘れてはいけないはずだ。

司とつくしもその幸運を掴んだ人間だ。
そんな二人だが、3年も離れていると、何が別れた理由かなど、もうどうでもいい。と司は言ったが、彼女は違った。
いつも簡単に他人を許せる人間が、自分の行いが許せないと反省をする姿はどこか滑稽だが、司は彼女が落ち込んだ姿など見たくはなかった。

二人は許し合ったのだから、司は終わったことに対し口を開くことはない。
そして前を向き突き進み、過去を振り返ることはしない。
これからは、こうして寄り添っている時間だけがある。大切なのは、今の二人の気持ちが同じならそれでいいはずだ。人生には良い時も悪い時もある。そんなもんだろ?二人の間に流れた時間は、若さが引き起こした間違いだったんだろ?と笑っていた。

3年という歳月を感じさせないその態度は、つい先日までごく普通に会っていた男の態度だ。実際には、NYと東京の距離を挟み、簡単に会うことは出来なかったが、つくしの前で屈託のない笑顔を見せる男は、彼女が知っていた3年前の男とは、どこか違っていた。
それは、かつて、我儘で俺様だと言われた男も、自らが選択した道を歩み始め、重責を担う立場になれば、人としての成長は、つくしより司の方が早かったということだ。


だがそんな男は、いつもガッついていたのは自分の方で、彼女はそうでもないと考えていた。
しかし、彼女も司と同じで惨めだった、一人の夜は寂しかったと聞かされ頬が緩んでいた。










静かな場所は、司が都内に所有する高層マンションの最上階。

窓から見えるのは暮れた空。


互いの身体に腕を回し、ベッドの上へ横たわり、視線を絡め、零れかけた言葉を呑み込むように唇を重ねた。

零れかけた言葉は分かってる。
けれど、謝罪の言葉はこれ以上必要ない。
欲しいのは、そんな言葉じゃない。
その口から素直に好きだ、愛してると言ってくれ。
小さな口から零れるのは、司、と愛してる。その言葉だけで充分だ。

ただそれだけで_






男が持つことの出来ないたおやかな身体。
それは、小さく頼りなげではあるが、司の全てを受け止めてくれる存在。
3年ぶりに抱くその身体を前に、力加減が出来るかと自問自答するも、恐らく無理だ。
強欲を示す身体の一部は、自身を包み込む柔らかさを求め、彼女を欲しがっていた。



白いシーツの上で、下から掬い上げるような視線を向けられ、大きな瞳が潤んだ様子を見れば、可愛らしさよりも女の色気が感じられるようになったのは、この3年間の歳月が彼女を大人へと成長させたのかと思う。

けれど、セックスに不慣れな女の3年間のブランクは、首に手を回し、どこか恥ずかしそうにキスを強請るその瞳に、まるではじめての時に戻ったような、たどたどしさが感じられ、心臓がギュッと縮み、こっちまで同じ気持ちにさせられる。

だからと言って、男に3年間のブランクは、相当な我慢を強いられる訳で、彼女が欲しくて行った行為は、容易に想像がつくはずだ。雄の獣の硬く尖った先が向けられるのは、何もない空間ではあったが、口から漏れる名前と、咆哮は彼女への想いで一杯だった。


顏にかかった髪をはらい、額にそっと口づけをし、閉じられた両の瞼にも唇を押し当てた。
黒い大きな瞳は、司が彼女を好きになった一番のチャームポイント。その瞳で見つめられ、恋に堕ちた。堕ちたのは、司の方が先だったが、やがて彼女も司に恋をした。

そんな二人には、たとえ何もしなくても、言葉だけで過ごせた時間があった。
だが抱きしめれば、腕の中にすっぽりと納まる小さな身体が、傍にいるだけでよかったのは、遠い昔の話だ。少年と少女から、男と女になれば、求めて止まないのは、心もだが、その身体も欲しかった。
そんな身体を求め、せつない時間を過ごしたこともあった。

今、司が組み敷いているのは、その求めて止まなかった女の身体。
小さな手を掴み、全ての指を己の指と絡め、シーツの上へと縫い付け、女らしさを象徴する白い喉元の華奢な窪みへ唇を押し付けた。

「・・・んっ・・」

漏れたのは、言葉にならない言葉。
喋る必要はない。
言葉は要らない。
ただ感じればいい。

二人の間に必要なのは、互いの想いと身体だけ。
司が好きになった女は、牧野つくしだけ。他の女は欲しくない。
彼女の小さな手が、掴みたいと望むものは、なんでも与えてやりたいと想う。
だから、今夜はもっと貪欲に求めて欲しい。
おまえの方から_

「・・まきの・・俺が欲しい?」

司はシーツに縫い付けた女の白く細い首に咲く赤い花に舌を這わす。
声にならないほどの小さな声が聞えるが、それは喘いでいるだけなのか。
司の舌は熱く、首筋を下へと這っていくと、小ぶりの乳房を食べた。

「・・っつ・・あっ!」

その甘い唇で、その柔らかい身体で俺を欲しいと言ってくれと望むが、彼女が今でも恥ずかしがり屋なのは知ってる。
それは彼女の性分だから。
だが今は、愛する男を求める女になってくれと願う。

つくしは、司の真っ直ぐな視線を受け止め、素直に口を開いた。

「・・欲しい・・道明寺が・・欲しい・・」

3年前なら同じことを聞いても、言葉にすることはなかった。
意地悪しないで道明寺。お願い道明寺。
その程度が限度で直接的な言葉は、いつも、やんわりとかわすのが殆どだった。
それなのに、今は素直に俺が欲しいと口にした。

司は、縫い付けた彼女の両手を離し、柳腰を掴み、身体を反転し、己の上へとつくしの身体を乗せた。そしてつくしの手を取り、心臓がある場所へ触れさせた。

「牧野。わかるか?ここがどんなに激しく鼓動してるか。おまえに触れられることを喜んでいるのがわかるか?いいか?ここはおまえだけのものだ。他の女なんぞ誰も触ることの出来ない場所だ。俺の魂はおまえの、おまえだけのものだ。この3年間、おまえがどうしてるか、今何をしてるか、いつも頭の中にあった。一日たりとも忘れたことはない」

つくしの気持ちも同じだった。
そして、今は頭が出す答えより、身体が出す答えの方を求められていると感じていた。

道明寺司の愛は、全てを包む愛で、優しくて激しい愛だ。
それは、彼が全身全霊で愛する人だけに向けられる愛。
そんな男から向けられる視線は、熱く身体全体を焦がしそうな程だ。

つくしは、頭で考えることを止めた。そして、これが求めているものかどうか、確かめることにした。今、彼女の手が触れている心臓の上にあるのは、女性の持つものとはまた別のもの。その小さな頂きへと頭を下げ、舌で舐め、口に含み歯を立てた。

「・・っつ・・・・」

思わず漏れた司の声。
もう片方にも同じことをされ、そして、さらに下へと頭が下がり、チュッと臍に吸い付く。
その瞬間、鍛えられた筋肉がピクリと動く。
すでに強欲を示す怒張は、その先の行為に期待をしたのか、熱く脈打ち、これ以上ないほど硬くなっていた。
だが口淫などしたことのない女に、無理をさせたくないが、するなと言えば嘘になる。これまで何度も、彼女の唇が、下半身を包み込む場面を想像したことがある。そして、今まさにその想像したことが起きようとしていた。

司はベッドに頭を押し付け、その行為を待った。
彼女の口に含まれる瞬間を。
ほんの少しの猶予が与えられたが、次の瞬間、小さな手にかろうじて握れるモノに指を巻き付け、その先端を口に含む。
だが大きすぎて全てを受け入れられないことは、分かっていた。
だからなのか。どこで覚えたのか、巻き付けた指を上下に動かし、舌は含んだ部分をぐるりと舐め、吸いついた。舌から生みだされる快感に、漏れそうな声を押さえ、司は腰を突き出すような形になっていた。

いつもなら、司が彼女に対して行う行為であり、彼女の身体から聞こえるはずの水音が、己の身体から聞えることが不思議に思え、やがて、漆黒の髪が下半身で上下に動くことに我慢ができなくなり、彼女の髪に両手をもぐりこませ、頭を両手で包み、今までこの行為を一度もしたことがない女の動きを助け、押さえつけ、気持ちを伝えた。

空調の効いた部屋だが、額に汗が浮かび、司の息遣いだけが聞え、次第に深くなる行為に、これ以上は持ちこたえられそうにない。と、唇が離れた瞬間、司は、つくしの身体を抱え、横にならせると、覆いかぶさった。

「・・まきの・・」

求めて止まない女の名前を、切なげに呟くのは、壮絶な色気を浮かべた男。
3年ぶりに抱き合う女は、彼に思わぬ喜びを与えたが、強欲な怒張は、もっと温かく、しっとりと司の全てを吞み込んでくれる場所を欲しがっていた。

「愛してる・・おまえだけを」

司の唇は、彼女の返事を待つことなく、彼にとって極上の甘さを持つ唇を味わうと、彼女が濡れて滑らかになっていることを確かめた。だが、3年ぶりに受け入れる男の身体は痛いはずだ。挿し入れた指だけでも、グッと締め付けて来たのを感じていた。司は己の身体にされたことと同じ行為を与えようと、頭を下げた。そして、ぴちゃぴちゃと音を立て、甘い蜜を味わった。

「まきの・・すげぇ濡れてきた。おまえ3年もお預けだったんだ。寂しかっただろ?ん?」

「・・やっ・・あっ・・」

舐められるたび、上がる声は、司にとって懐かし声。ベッドの中では、いつも可愛らしい声で啼いていた。やがて、身体が弛緩してくると、脚を大きく開き、抱え上げ、ゆっくりと己のたぎったものを突き入れ、何度も腰を突き上げ、ついさっき上らされそうになった場所へ彼女と共に駆け上がっていた。

そのとき、彼の耳に届いたのは、あたしも愛してる。の言葉と、彼の背中に回された手が、もう二度と離れたくないと、しっかりとしがみついてくる姿。
そして、初めて聞いた「あたしを離さないで」の言葉。

司はもちろんそのつもりだ。
これ以上、牧野つくし無しで過ごすのは、耐えられなかったから。





にほんブログ村

応援有難うございます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.07.16 12:01 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.07.17 10:46 | 編集
司×**OVE様
こんにちは^^
二人の恋のバランスは、いつもつくしちゃんに優位ですが、今回はつくしちゃんも女でしたね?
しかし3年間お預けだったから寂しかったかと聞かれてもねぇ(笑)
最後に「あたしを離さないで」と言った彼女の言葉が、全てを表しているように思えます。
狂おしく抱き合えば、もう離れたくないと思うのは二人とも同じ。
想いが叶うといいですね?
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.07.17 19:53 | 編集
pi**mix様
*印が付くお話の場合は色々注意が必要となるときがあります(笑)
坊っちゃんのイメージを著しく壊す恐れがあるとき、イヤラシイときなどありますが、今回はそれほどでも・・と思いながらの公開です。
>つくしちゃんやるね~!←(笑)
大人の女の勇気ですね?
そして、御曹司坊ちゃんのお返事ありがとうございます。
なるほど「危機管理」ですね?妄想激しい坊ちゃんと噛み合わないつくしちゃんの会話。
あの二人、高校生の頃も噛み合わないことが多かったと思いますが、未だに噛み合わないところがあるんですよねぇ(笑)
Collectorの47話だと深刻な話を類としているのに、この御曹司、47作目も妄想している(笑)
確かに平和な坊ちゃんですよねぇ(笑)
え?でも可愛い?有難うございます。御曹司坊ちゃんに伝えておきます。
平和だろおまえ!の他におまえ仕事しろよ!と突っ込んでやって下さい!
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2017.07.17 20:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top