FC2ブログ
2015
09.08

キスミーエンジェル9

午後の早い時間に電話が鳴った。

「支社長、島田コンサルタントの牧野様からお電話です」

牧野、あの記事を読んだのか?
どうだ?
俺とお前の出会いについて書かせたが気に入ったか?
あの経済新聞の記事は1ヵ月間の連載だからな。
毎日が楽しみだな!



「あんたってひとは!」

つくしは確信をこめ電話口で怒鳴っていた。

「どうかしてる! 頭がおかしいんじゃない? そんなんでよく支社長なんてやってられるわね!」

やってられるさ。当たり前だろ?
御曹司だからって世の中は甘くはないぞ。
俺の努力の結果が今の地位を与えてくれた。


あの週刊誌は大衆向けだが経済新聞の方は格が違うぞ。
上手い事書かせた自信はある。
出会いは高校時代のお前が俺に蹴りを入れてからなんてことは書いてない。
仮にもだ、この記事を読んで俺と牧野の出会いについて何か言うヤツがいたら
俺がぶっ潰す。

「なによあの記事は! どうしてあんたと私が出会ってすぐに恋に落ちて遠距離恋愛をしてきた事になってるのよ!」

怒鳴るな牧野、耳は遠くない。

「いい?これ以上余計なことをしないで!そ、それに婚約者ってどう言うことなの?
 大体私達は出会ってからろくに話なんてしたこともないのよ!」
「お前、忘れたのか? 結婚するなら付き合ってもいいって言ったのはお前だろ?」
「だからって・・・なんでこんなことになるよ!」
「牧野、いいか? 俺くらいの立場の人間になると周りが色々と煩いんだ」


ま、俺はお前を取り戻すと決めた時からそんな周りのごたごたなんてぶっちぎって来たがな。
今の俺はバカ坊ちゃんなんかじゃない。
牧野、逃げられるなら逃げてみろよ。


ああ、もう!
電話なんかじゃ埒があかない。

「道明寺! 話がある! そこにいなさいよ!」


牧野・・・懐かしいな。
お前が俺のことをそんな風に呼び捨てにしてくれるなんて・・・





ああ、待ってるから早くここへ来い。



******



受付から牧野つくしが支社長に会いたいと言っていると連絡があったらしい。
道明寺は腕時計を見た。
あれから5分は経ったな。
そろそろここまで来るころか・・・・・




「いったい何を考えているのよ!」
小さな竜巻並の勢いで牧野が俺の執務室までやってきた。

「いい加減にしてよ!」
牧野の手に握られた経済新聞。

道明寺は椅子に座ったままで牧野が近づいてくるのを眺めていた。
「道明寺!ちゃんと説明しなさいよ!どうして私達が婚約したなんてことになってるのよ!」

牧野は道明寺の前まで来ると机の上に経済新聞を広げて突き付けてきた。

「随分待ったぞ。もっと早く来るかと思っていたが」
「なんの話よ!」
牧野は道明寺を睨んでいる。

道明寺はすっと椅子から立ち上がるとデスクを回り込んで素早く牧野の両手首をつかんだ。
驚きのあまり口がきけない牧野。

「なあ牧野、そろそろ決めてくれないか?」
「なにを・・・」
「俺をお前の人生に受け入れることを」
「い、痛いから、道明寺、手を放して。に、逃げないから!」
「痛くされるのは慣れてないか?」
「あ、あたり前でしょ!なんで私が痛いのに慣れてないといけないのよ!」

つくしは道明寺の大きな手から逃れようとするが、その手はますます締め付けてくる。

「道明寺! ほ、本当に逃げないから放して」

手が自由になったらどうしてやろうかと思っていたが、道明寺の締め付けは緩みそうにない。
逃げれるものなら逃げてみろよと言わんばかりだ。

そうしているうちに引き寄せられるように腕の中へと抱き寄せられていく。

「牧野、心配しなくても大丈夫だ。俺がお前に危害を加えるはずがないだろう?」





あの頃からこうしたかった。


つくしは頭を振って道明寺の唇を避けようとしたが腕の中に抱き込まれたままで
身動きもとれず、無駄だった。
道明寺は飢えたように唇をむさぼっている。
言葉にならない声が牧野の喉から聞こえてくる。
牧野は道明寺の力強い腕で抱きしめられ、身動きもとれずにいる。


だが、暫くすると牧野の身体から力が抜けたように柔らかくなってきた。
俺のキスは挑発するように、唇をついばむようなキスへと変わっていく。
牧野は逃げる気力も失ったように俺に身体を預けてきた。



道明寺のキスに私は気が遠くなりそうになっていた。
抵抗しようとすると罰を与えるようなキスへと変わる。
大人しく身をまかせていれば誘惑するようなキスへと変わる。

この男のキスはなんて甘いのだろうか・・・・

このままこの男に抱きしめられていたらいけない。
まるで嵐の中にいるような恋愛だったあの頃を思い出させる。

道明寺は低いバリトンの声でこう囁いてきた。

「初めて会った時からずっとこうしたいと思っていた」











人気ブログランキングへ


応援有難うございます。
関連記事
スポンサーサイト




コメント
名無し様
拍手コメント有難うございます。
そしていつもお立ち寄りを頂き、有難うございます。
ガラケーで9話が表示されなかった理由をご質問頂きましたが、申し訳ないのですが、私にも何故なのか解りません(泣)
表示設定は何も変えてはいませんので、何故本日分がそのような状況になったのか原因は不明としか申し上げられない状況です。
せっかく楽しみにして頂いているのに不甲斐ないお返事で申し訳ないのですが、ご理解を頂けたらと思います。
今後も非表示が続いて名無し様に読んで頂けなると思うと非常に寂しく思います。
どうぞ、明日は非表示が解消されていますように・・
ご連絡有難うございました。
アカシアdot 2015.09.08 20:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top