fc2ブログ
2024
03.27

Sin 最終話

Category: Sin(完)
夜の病室はカーテンが閉められている。
暗闇の中で器械が緑色の点滅を繰り返している。
司はカーテンを開けた。
窓を開けると生ぬるい春の風が頬に触れ、月明りが寝ている彼女を照らし出した。

司は待合室で待つ夫に手術は成功した。
身体に巣食った腫瘍は完全に取り去ったと言った。
だが司が夫だと思っていた男は彼女の夫ではなかった。

「私はつくしの母方の従兄です。つくしは一人暮らしで家族はいません。ですので、私が入院の保証人になりました」

苗字が変わっていたから結婚していると思っていた。
だが今は離婚してひとりだという。
そして子供はいない。

「それからつくしには、せっかく高名な先生に診てもらえる紹介状を書いてもらえたのだから、手遅れにならないうちに行くように言ったんです。だけどつくしは、従妹は地元の病院で充分だと言って、なかなかこちらの病院に行こうとはしませんでした」

行こうとはしなかった。
それは彼女の中にも昔の恋人に診察されることに特別な感情があったということか。
それに離婚後も旧姓のままでいるのは、かつて司がなんとかして彼女に連絡を取ろうとしたことから、結婚している司が妻を裏切らないように、間違った道に踏み込まないように予防線を張ったのか。
そして彼女は自分の命の期限を知っていて、最後にもう一度、司に会いたいと思ったのか?

___もしかして彼女は今でも司のことを?

司は胸が詰まる思いがした。

「でも先生に手術してもらえて良かったです。先生、つくしを助けて下さって本当にありがとうございました」

だが今、司が見ているのは刻々と天に召されていく彼女。
司は嘘をついた。
転移があったのだ。
しかし、そのことを告げなかった。
転移の場所は神の領域で司の手が届かない場所。
だがもっと早く司の元に来ていれば助けることができた。
しかしこの先、彼女は自分を失っていく。
治療に使われる薬の副作用で髪の毛は抜け落ちる。
喉に穴を開けられ身体のあらゆる場所にチューブを挿し込まれ、生からも死からも逃げることが出来ない状況におかれる。その結末は残酷で絶望的で司はその苦しみを知っている。
だからこれ以上彼女が苦しむことがないように処置を施した。


好きだ。
好きだ。
彼女が好きだ。
あの頃と同じで今でも好きだ。
再会してからその思いが身体中を駆け巡った。
旅立とうとしている彼女に対し恋心を抑えることが出来ない。
それは最初の恋は最後の恋にすべきだったということ。
だが、その恋を終わらせたのは司だ。

司は白衣のポケットから注射器を取り出した。
それを自分の左腕に刺した。
中身は鼓動の動きを止めるに相応しい量の液体。
いつかは終わる人生。
それなら彼女と一緒に終わりたい。
愛しい人に再び巡り会えた人生に悔いはない。
そして自分の命は誰にも繋がらない命だが、こうすることで彼女とは生死を超えて繋がることができる。
だが、彼女は共に旅立つことを許してくれるだろうか。
傍にいることを許してくれるだろうか。
いや。許してくれなくてもいい。
遠い昔、地獄の底まで追いかけていくと言ったのだから許しは必要ない。
それに、彼女を棄て、お腹の子供を見棄てた男は業火に焼かれて当然だ。

司は彼女の身体にかけられている布団を捲った。
隣に身体を横たえると、微かなぬくもりが伝わった。
こめかみに唇を押し付けると血のぬくもりを感じた。

「身勝手だった俺を許してくれ」

司は呟くと目を閉じた。




< 完 > * Sin *
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2024.03.29 12:33 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2024.03.31 22:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top