FC2ブログ
2021
03.08

Transit 2

Category: Transit(完)
寒さから解放された季節。
柔らかな春の日差しが降り注ぐ駅を降りた先にあるのは商店街。
駅前通り商店街という名前がついているそこは、小さな町の割りには人通りが多かった。

この町の冬は冷たい風が吹き、足先まで凍えるような寒さが感じられる場所で観光地ではない。
だから商店街は、ここに住む住人が買い物をする場所で観光客とおぼしき人はいない。
そして、田舎でも過疎地でもないこの町の洋菓子店の入口には数人の若い女性の姿があった。
だが私がこの町に来るには東京駅で新幹線に乗り、それから特急に乗り換え、在来線を乗り継ぐ必要があった。そしてやっと切符に印字されている出発地の駅に着くと、そこから目的地であるこの町に向かったが、ここに来るには小旅行以上の距離と時間がかかった。

そして私が古本屋で買った本の間に挟まっていた切符の行先に行こうと思ったのは、この町のことを全く知らなかったから。だから私は全く知らない場所で気分転換することを決めた。旅することで仕事で煮詰まった頭を解放しようとした。

そんな私の仕事はデザイナーだ。
だがデザイナーと言っても洋服のデザイナーではない。私の仕事は商品広告のデザイン。
そして今、手掛けているのは、老舗の醤油会社から新しく発売される醤油の広告だが、広告のデザインとはクライアントが売りたい商品をいかに際立たせるかを考えることであり、商品よりデザイナーの個性が際立ってはダメなのだ。

だが派手な図柄や色合いは消費者の目を惹くこともある。だがそうなると商品への印象が薄くなる。派手なCMを流しても商品が消費者の心に残ることはなく置き去りにされてしまう。
そして私がデザインした広告は、余りにも個性的過ぎてクライアントの担当者から、「もう少し色を抑えてもらえませんか?これでは醤油の容器の存在感が消えてしまいます」と変更を求められた。
だから私は少し時間をいただけませんか。と言ったが考えが纏まらなかった。
そんな私の頭の中に飛び込んできたのは、ひときわ明るい女性の声。

「その色。素敵でしょ?それにこれ。今日値下げされたばかりでお買い得ですよ」

私はその声にそれまでの思考を止めた。
そして声が聞こえて来た方を見た。
するとその声の持ち主は私の左前方にある店先にいた。

「そうかねぇ?でもあたしには派手じゃないかい?」

「うんうん。全然派手じゃない。それに好きな色を身に付けると心が元気になれるって言うでしょ?それに杉本さんはまだまだ若いんだから攻めなきゃ!」

そう言った女性の服装はブルーのストライプのチュニックシャツにブルーのニットのロングジレ。そして白いパンツを履いていて年は35歳の私と同じ位に見えた。

「そうだねぇ….年寄りだから地味な色じゃなきゃダメだなんてことないものねぇ。それに来週は大学病院まで行って偉い先生に見てもらうんだもの。ちょっとおしゃれした方がいいかもしれないねぇ…..だってその先生、背が高くてイケメンでねぇ。あたしがもう30歳若かったらアタックするんだけどねぇ」

と、言って笑っている女性は私の祖母ほどの年齢に見えた。

「そうなの?それじゃあますますこれを勧めなきゃ!杉本さん。見えないおしゃれも大切よ」

「ふふふ。そうだよねぇ。それはそうと、そう言うつくしちゃんはどうなんだい?見えないおしゃれを楽しんでるのかい?」

その店は商店街の下着屋。いや。店頭には下着だけではなく靴下やパジャマも並んでいる。
それにちょっとしたアウターも置いているようだ。
そして、つくしちゃんと呼ばれた女性は、「やだ。杉本さんたら。楽しんでるに決まってるじゃないですか。だって私はこの店の店長ですよ。お客さんに勧める前に自分が楽しまなきゃ売れないもの」と言うと「じゃあ。これ包んできますね」と言って紫色のブラジャーを手に店の奥へ入って行った。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2021.03.08 13:30 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2021.03.09 11:46 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2021.03.09 11:51 | 編集
ま**ん様
そうなんです。『私』はつくしではありませんでした。
そしてその『私』さんにピッタリくっついて一緒に密着取材お願いします(^^ゞ
アカシアdot 2021.03.09 22:29 | 編集
ふ**ん様
シニア杉本。紫のブラを買う。
そうですよね。今は服の下から聴診器を入れるので下着が見られることはないんですよね....
え?シニアとミドルの境界線。そうなんですね!(≧◇≦)
いやいや。貴重な情報ありがとうございます!( ..)φ
しかしシニア杉本。紫のブラを大学病院の先生に見せることが出来るのでしょうか!
そしてこちらは御曹司ではありませんから!
そしてデザイナーが誰なのか。そろそろ分かります(笑)

アカシアdot 2021.03.09 22:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top