FC2ブログ
2020
11.08

Love Affair 17

「どうした?何か言えよ。罵ってもいい。怒ってもいい。俺に言いたいことがあるはずだ。
長い間お前を忘れていた男を許せないはずだ。だから殴りたければ殴ればいいし蹴りたければ蹴ればいい。だが俺は今でもお前のことが好きだ」

と、言われたが、つくしは口をつぐんで何も言わなかった。
それは単に突然目の前に現れた男が自分のことを思い出したと言ったことに驚いて言葉が出なかったに過ぎない。だが、その驚きが過ぎると、それとは別の感情が湧き上がった。
それは今更という感情だ。

一緒に過ごした時間はベッドの上だけだった。だが肌を合わせていれば、いつか自分のことを思い出すのではないかという期待を抱いた。しかし男は思い出すことはなかった。
そして政略結婚をする男から愛人になれと言われたが、いくら男にとって愛のない結婚だとしても、つくしの倫理観は妻を持つ男の愛人になることを認めなかった。
だからケジメをつけ男の元を訪れることを止めたが、それは会社からベトナムへの異動を内示されていたつくしにすれば、男が自分を思い出さなければ関係を終えることを決めていたのだから、愛人になれと言われた時に会うことを止めたのは終わりが早まったに過ぎない。

そしてベトナムに渡ることを決断したとき、この男のことをキッパリと忘れると決めた。
だから飛行機の中で眠りについて数時間後に目覚めこの国に到着した時、不思議と静謐(せいひつ)な気持になれた。
それなのに突然現れた男は、平気で人の気持を搔き乱すようなことを言う。今でもつくしのことが好きだと言いながら、つくしの愛人になると訳のわからないことを言う。

「牧野。俺は12年もお前のことを忘れていたが思い出した。1週間前だ。朝目が覚めたとき、一瞬自分がどこにいるのか分からなかった。それに時間も分からなくなった。その時お前の顏が浮かんであの日の光景が頭の中に甦った。お前の手を掴もうと手を伸ばして掴めなかった瞬間がな」

と男は言ったが、つくしは12年の想いにケリをつけ日本を後にした。
だから何を言われても今更という思いが強かった。
そんなつくしは男と視線を絡ませて言った。

「だから何?」

「だから?」

「そう。だから何よ?」

「愛人になるの意味か?」

「そうよ。それにどうしてここにいるのよ?」

その言葉は冷たく突き放したような言い方だったが、男はそんなつくしの態度に慣れたものだといった風で臆することはない。

「どうして俺がここにいるのか?三条から訊いた。牧野つくしはスポーツ用品会社で働いていてベトナムに転勤したってな。それからお前が俺の所に来た理由も訊いた。お前は俺がお前を忘れてからも俺のことを思ってくれたそうだな。だからお前は俺が見合いをすると訊いて俺の元を訪れることにした。それは自分のことを思い出して欲しかったからだ。
そんなお前は俺に自分を印象付けるために部屋を間違えたフリをする芝居をした。それは賭けだったが、俺はお前を気に入った。それから俺たちの関係が始まったが俺はお前のことを愛していた訳じゃない。ただ女が欲しかったから抱いていた」

つくしの質問に対し、まず何故自分がベトナムにいるのかを答えたが、男は失っていた記憶を取り戻すと桜子から色々と訊いたようだ。
だが桜子は男がつくしのことを思い出したことを教えてはくれなかった。
そして愛人になる、の意味を話し始めた。

「それから俺がお前の愛人になるの意味だが、俺はお前のことを思い出した瞬間から、お前を愛してることも思い出した。そんな俺はお前のことを忘れている間、単なるセックスの相手としてお前を扱った。それは許されることではない。だから俺を罰してくれ。俺をお前の愛人にして好きなようにしてくれ。俺はお前がして欲しいことはどんなことでもする。ひざまずけと言うならそうしよう」

男はこう言いたいのだろう。
これは自分がつくしにしたことへの贖罪だと。だがつくしは贖罪など望んではいない。それにどう扱われようと男に抱かれたのは自分が望んだことだ。それに男とのことはもう終わったことだ。

「牧野。言っておくが俺は結婚していない。それにお前が俺の提案を断ってから他に女はいない。それはお前以外の女が欲しくなかったからだ。それが生理的なものか。そうでないかは初め分からなかった。ただ、他の女を抱こうという気にならなかった。それに本当は愛人じゃなくて夫にして欲しい。だが今のお前は簡単には俺の想いを受け入れないだろう。だから愛人でいい。俺をお前の愛人にしてくれ。だがいつまでも愛人でいるつもりはない。それに俺はお前に対して責任がある」

「責任?何よそれ?私はあんたに責任を取ってもらう必要はないわ」

本当は愛人ではなく夫になりたいという男だが、もし妊娠のことを言っているならそれはない。
それに男は避妊については意識が高く怠ることはなかった。

「いいや。ある。お前の身体は俺以外の男に抱かれることを望まないはずだ。だからその責任は俺が取らせてもらう」




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2020.11.08 09:56 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2020.11.08 20:26 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2020.11.08 22:37 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2020.11.09 06:54 | 編集
ふ**ん様
そうなんです(笑)そっちの責任です。
まずは、友達ではなく愛人からお願いします。
本当にねえ。司みたいな愛人がいたら凄いですよねえ。
お手当は要らないから愛人にしてくれという男。
そしていずれ夫になりたい男。
とりあえず美味いフォーでも食べて....でもそんな時間はあるのでしょうか(笑)
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2020.11.09 21:20 | 編集
ふ*******マ様
こんばんは^^
はい。ふ*******マ様の妄想いいとこ行ってます!(≧▽≦)
つくしは絡め取られてしまうのでしょうか。
それとも?
続きを書きましたのでどうぞ!
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2020.11.09 21:26 | 編集
と*様
わー!楽しんで下さって嬉しいです。
そうでしたか。J君のドラマを見ていたら司とオーバーラップしたんですね?(≧▽≦)
さて。大人になった坊っちゃんはどうやってつくしの心を取り戻すのでしょうねえ。
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2020.11.09 21:34 | 編集
司*****E様
おはようございます^^
最愛の人の記憶を取り戻した男。
そしてそんな男とはもう終わったという女。
つくしがベトナムに来たのは3ケ月前。そして男と別れたのは、それより3ヶ月前になります。
そんな女は全速力で走っていますので残念ですが妊娠はしていないようですよ。

11月3日のイベント。話題になりましたねえ。
アカシアもリピート配信の第2部を拝見しました。
凄いですねえ。火柱。水柱。花火。風船。リモートで新日本フィルとの共演。
そしてブルーノマーズに曲を書いてもらっているんですね?
豪華ですねえ。活動的な彼らに本当にお休みするの?と思ってしまいました。

イベント。徐々に戻って来てはいますが、これからはインフルエンザの季節です。
気を付けながらですが楽しみが少しずつでも戻ってくるといいですね。
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2020.11.09 22:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top