FC2ブログ
2020
09.08

夜の終わりに 33

天気に恵まれたドライブは楽しかった。
だが恋人同士にしては遠慮があった。
それは互いの身体に親しく触れることが無かったということ。
それに何故か話をするたびに男性の態度は目に見えて礼儀正しくなっていた。
結婚を前提として付き合い始めた男性は、つくしの意思を尊重すると言った。それは男性の部屋に泊まっていることを理由に同じベッドで寝ることを求めないということだが、相手は世の女性から求められることが当たり前の男性だ。だからそんな男性がつくしに見せる態度は敬意が払われているということになる。
だが道明寺司は青年ではない。それにつくしも少女ではない。互いに大人の男と女であり相手に性的魅力を感じている。
それなら…….
だがつくしは自分から言い寄るなど考えたことがない。
それに過去にも男性に言い寄ったことがない。
けれど今、頭の中にあるのは、ドライブから戻りダイニングに用意された食事をしている目の前のブルーのシャツを着た男性の裸になった身体が押し付けられる感じは、いったいどんなものだろうという思い。それが頭に浮かび離れなくなっていた。
ふたりは山奥のホテルで同じベッドで寝た。けれどそれはただ寝ただけで何もなかった。それにあの時は男性との性的なことなど微塵も考えなかった。

しかしおかしなもので、主導権を渡されると、どうすればいいのかという思いがある。
それにこういったことは男性が優位に立って進める方が上手く行くはずだ。何しろつくしには相手を満足させられる経験がないのだから。
だがそれは別としても、結婚を前提に付き合い始めたのだから、いつまでも心を停滞させておくわけにはいかない。

そして並外れた美貌を持つ男性は体格もいい。
そういった男性を相手にしている自分は、スレンダーと言えば聞こえはいいが、胸は平らで実際は骨ばった、の表現が近い身体だ。そんな女がどうすれば男性をその気にさせることが出来るのか。
だがもしつくしが若く美しく経緯が豊富な女性なら、二人の関係を前に進めたいと思っても頭を悩ますことはない。きっと自分が望むことをはっきりと口にするはずだ。


「どうした?口に合わないのか?」

「え?」

「手が止まってる」

そう言われナイフとフォークを持つ手が止まっていることに気付くと慌てて口を開いた。

「口に合わないなんて、それにこんなに美味しい料理が口に合わないはずがないでしょ?そんなこと言ったらバチが当たるわよ」

つくしの前に置かれているのは、仔牛のムニエルにイチジクのソースがかけられたもの。
わざわざ道明寺邸のシェフがペントハウスへ出向いて作ったものであり、これまでつくしが食べたことのない贅沢な味だったが本当に美味しいと感じた。

「そうか?それならいいが昼間も訊いたが何か心配ごとがあるなら言ってくれ」

と、言われたが頭の中を巡る思いを口に出するつもりはない。
それにこれ以上何かを具体的に考える前に「心配ごと?別にないわよ?」と答えたが、目の前の女が落ち着かない態度でいることは気付いているはずだ。

それに今は何か問われても単純な言葉しか思いつかなかった。
だがそれは明日この国を離れることで、同じ屋根の下で過ごすことから解放されることにホッとしているからなのか。それとも今夜がニューヨークで過ごす最後の夜ということを残念に思っているからなのか。

そして「ええっと……これ本当に美味しいわね?」と言葉を継いだが、それは洞察力の鋭い男性に心の裡を読まれるのが怖かったからだ。
それは、もっとこの人のことを知りたいという思い。
それを口に出せば、あなたのことをもっと知りたいということだが、目の前の男性から「俺のことをもっと知りたいって?」と言われ、言うつもりのなかった思いが口を突いていたことに気付いた。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2020.09.08 07:00 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2020.09.08 09:08 | 編集
ふ*******マ様
おはようございます^^
今週は早起きの週なんですね?アカシアも早起き人間ですので更新が5時となっています。
そうです。早起きは三文の徳と考えてラジオ体操などいかがでしょう(笑)
そしてこちらのつくし様。考え過ぎですよね(笑)
男女関係は勢いも必要です!
ニューヨークの最後の夜。ビジッと決まるのか?決まらないのか?
本当に色々ガンバレですよね?(笑)
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2020.09.09 22:18 | 編集
司*****E様
おはようございます^^
つくしの気持を尊重してくれるのはいいですが、それが逆にプレッシャー。
ワハハ(≧▽≦)
恋愛経験豊富な男とそうではない女。
そしてそんな男のことを知りたいと思う女は、やはり男とは恋人という関係だからでしょうねえ。
さて司は奥手のつくしに助け舟を出すのでしょうか。
ふたりの仲が進展するといいですね!
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2020.09.09 22:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top