FC2ブログ
2019
05.26

金持ちの御曹司~Sexy Sniper~<前編>

時代が変わっても誰も追いつくことが出来ない男、道明寺司を100パーセントの範囲内で考えると内訳は何になるか?
そんなアンケートが女子社員の間で出回ったと訊いた。
そしてその結果はこうだ。

男のエロスを感じる 95パーセント
男のセクシーさを感じる 95パーセント
男のワイルドさを感じる 85パーセント
男の洗練さを感じる 93パーセント

合計368パーセントであり400パーセントには少し足りないが、まあいい。
そしてこの数字を見て分かるのは、司を100パーセントの範囲内に押し込めるのは無理ということ。
つまり彼は規格外の男で彼ほどの男は世間にはいないということが証明された。

実際世間は司を美術館に展示された国宝を眺めるよう見る。
ちなみに今日の装いは黒のスーツに白いシャツにパープルのネクタイ。
そんなスーツ姿でしなさそうなことを平然とする男に向けられる視線は憧れ。
そしてそのアンケートに付随するように書かれていたのは、

『男性のどんな仕草にキュンと来ますか?』

その回答は、
「ネクタイをキュキュって締める姿がたまらない。でもネクタイを緩める姿も好き」
「ワイシャツの袖を捲り上げて仕事をする姿」
「いつも眼鏡をかけている男性が眼鏡を外し自分をじっと見つめる姿」
「車を運転する姿」
「真剣な表情でキーボードを叩く姿」
「時に見せる少年のような姿」

司は上から順番に目を通していたが、その中に水に濡れた髪という答えはなかった。
だが司の恋人は彼の濡れ髪の姿にキュンと来る。
それはクルクルと巻いた髪がストレートに変わることから見慣れない男の姿にキュンと来るということ。
だがそれは本人の口から訊いたのではない。

あれはまだ高校生だった頃。
滋と三条を伴った牧野が司の邸を訪れプールに入れと言った。
だから司は彼女の望み通り水着に着替えプールに入った。
そして50メートルプールを一往復した後、水面から顔を出した司を見た女の顔は赤らんだ。
だがあれ以来、意味もなくプールへ入れとは言われなくなり、それが寂しいような気もしていた。だからある時、恋人をプールサイドに立たせ、犬神家の真似をして水面から足を突き出してみたら怒られた。

そしてアンケートの回答が最後に来たときその文字に目を止めた。
そこに書かれていたのは、

「ライフルを構えた男の姿にキュンと来る」

それはなかなかワイルドな回答。
だが面白いと思った。
















「ここから誰を狙ってんだか知らねぇが仕留めるつもりならあと5ミリ右に構えた方がいいんじゃねぇのか?」

その言葉に振り返った女が見たのは黒ずくめの男の姿。
そしてその背後には武器を持った男達が4人いた。
だが何故男が黒を着ているのか。
その理由は黒は血の色が目立たない色だから。
そして女の服も黒のスーツだった。

女のライフルの先が向けられていたのは司の執務室。
だがそこに司はいなかった。何故なら司は女の後ろにいて彼女を見つめていたからだ。

司が狙撃手に狙われている。
その情報が耳に入ったのは1週間前。狙撃手が女であると分かったのは1時間前。
そしてその女がここにいると連絡が入ったのは20分前。
だから司は自らその女を捕まえるべくここに来た。
それに女の狙撃手と訊いてその顔が見たいと思った。
眼光鋭くクールな顔をした美女といったタイプを想像していた。
だがそこにいた女は小柄で眼が大きな黒髪の女。
とても狙撃手には見えず、長い銃身を持つその姿はどこにでもいるOLといった感じだった。

「お前。誰に雇われた?花沢類か?それとも美作あきらか?いや、西門総二郎か?」

それは司の会社のライバル企業の跡取りたち。
類は花沢物産の副社長だが、司は類から契約寸前だった英国での洋上風力発電所建設の契約を奪った。
あきらは美作商事の専務だが、そのあきらからはチリの鉱山でのプラント建設の契約を奪った。
そしてプレイボーイで名を馳せる西門開発の常務である西門総二郎からはマジで付き合っていた女を奪った。
そんな理由から三人の男たちは司を恨んでいた。

「言うつもりはないか?そうか。それならそれでも構わねぇが狙撃はミリ単位でズレただけで仕損じる。だから今度狙うならもう少し注意した方がいい。ま、そうは言ってもお前が俺の頭に銃弾を撃ち込むことは出来ないはずだ」

司は女を捕まえるとタワーマンションの最上階にある自分の部屋へ連れ帰った。
そして激しくキスをするとベッドに押さえつけた。

「お前の名前は?」

「………」

「そうか。言いたくないか?いや言うつもりはないってことか?だがな。お前の身元は割れている。お前の名前は牧野つくし。今売り出し中の新進気鋭のスナイパー。それにしても見るからに真面目そうな女がどうして狙撃手になったか知らねぇが__」

司はそこで言葉を区切った。
そして上から女を見下ろし言った。

「今夜は俺の相手をしてもらうぜ。女スナイパーさんよ」



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2019.05.26 09:11 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2019.05.26 11:01 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2019.05.26 14:37 | 編集
ふ*******マ様
スナイパー牧野つくし。
狙撃に失敗した女は司に捕らえられ今はベッドの上。
結末はいかに?と言いたいところですが、相変らずの御曹司だと思われます(笑)
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2019.05.26 21:41 | 編集
司*****E様
日曜の御曹司が2週続きましたが、楽しんでいただき有難うございます^^
ライフルを構えた男にキュンと来ると書いた女子社員。
ゴルゴ13か。シティーハンターか。
どっちでしょうねぇ。ただ御曹司坊ちゃんは冴羽遼に近いと思います。

女スナイパー牧野つくし。
さて狙撃には失敗しましたが結末はいかに!(笑)
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2019.05.26 21:54 | 編集
笹******う様
見て来ました。
生麩と言えば田楽くらいしか思いつかないのですが、生麩で餡を包む!
確かにのど越しが良さそうです。食べてみたいです!

御曹司。
ワイルドでセクシーな....(笑)
さて、どこまでそのセクシーさを保てるのでしょうか(;^ω^)
セクシーな後編なのでしょうか?アカシアもよく分かりません(笑)
ただちゃんとセクシーな話はまた別のお話でと考えてます。
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2019.05.26 22:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top