FC2ブログ
2019
04.08

理想の恋の見つけ方 112

会話の内容は何であれ、こうして二人で食事をすることに意義がある。
ここはどこにでもある町の中華料理屋で司が普段贔屓にしている店とは明らかに違う。
ビニールクロスが掛けられたテーブルや簡素な椅子。壁に貼られたビール会社のポスターや料理の案内といったもの。ガヤガヤとした雰囲気は、食事というものは静かにするものだと教えられて来た男にとっては初めてに近い経験だ。

そんな雰囲気の中、司は牧野つくしが美味そうに食べる姿を見ながら自身も箸を口に運んだが、豚肉とニラともやしの春雨炒め卵乗せという料理は、コックが腕によりをかけて作るという料理ではない。それにこの料理に使われている食材はどこにでもある食材で安価なものばかりだ。だが白米に合う味付けがされていて美味いと感じられた。
そしてこういった料理が家庭料理と言われるものだと分かってはいるが、司は今までこういった料理を口にしたことがなかった。

「確かにお前の言う通りで美味い」

司は率直な感想を述べたが、腹が満たされつつある女は、それまで司に向けられていたつっけんどんだった態度が希薄になったように感じられ、「女将さんが喜びます」と言ったが、やはり顔は真顔で笑みはなかった。
そして継いだ言葉は、「川上真理子さんのことはよく分かりました。それから私は無責任なことは言えません。だからさっき話した以上のことは口に出来ませんし、後のことは警察にお任せすることだと思ってます」だったが、牧野つくしの目に憎悪の光りはない。
あるのは先ほどと同じ気の毒だという感情だが、司にすれば随分とお優しい感情で、と呆れるところだが、本人がそれでいいというものを、こうしろとは言えなかった。

そして、『人から大切に思われたいなら人を大切に思う心が必要』の言葉は司に向けられたものだ。
しかし司が夜の電話の男の杉村だと知ってからの牧野つくしは、高い壁を自分の周りに築いてしまった。けれど見え隠れする感情の中には、壁の内側に入ることが出来る扉が隠されている。それは病室でほんの一瞬だったが唇を重ねたとき感じたのだ。
そして彼女の言葉と感情の中にあるのは愛とは人を許すということ。
だから司は、許してもらう為にじっくりいこうと決めた。


「ああ。そうだな。川上真理子のことは警察に任せるしかない。だがお前がやっぱりあの女が許せないというならその時は言ってくれ」

司はそういったが、牧野つくしは首を横に振った。
それは思った通りのことだった。だから受け止め方としてはごく普通の態度をとった。
そしてじっくりいこうと決めた男は改めて自分の気持ちを伝えることにした。

「俺は今までこの世の中のどこかに自分にぴったりの女がいる。そんな考えを持ったことがない。だが今は違う。それから….」
牧野つくしの目をしっかりと見た司は一度言葉を止め、「俺は諦めるという言葉を知らない。だからそのつもりでいてくれ」と言った。






***






じっくりいこうと決めた男は、かかってきた電話の相手を確かめた。

「あきら。この前は助かった」

『気にするな。で?彼女はどうなった?牧野つくし先生は?』

「元気にしてる」

『お前......元気にしてるだけじゃ状況が分かんねぇだろう?どうなったって訊いたってことは、その後進展はあったかってことだ』

司はあきらに牧野つくしが好きだという思いを伝えていた。
そして川上真理子の情報をくれたのはあきらで、司の恋の行方を知りたがっていた。

「いや。今のところ特にない。ただ退院してから牧野つくしの馴染みの中華料理屋で食事をしたがそれだけだ」

『おい。天下の道明寺司が街中の中華料理屋って…..。ああ、そうだったな。お前にかかってきた間違い電話は中華料理屋宛だったよな?だからその中華料理屋に行ったってことか?』

「そうだ」

『おい司。お前えらく落ち着いてるが大丈夫か?』

「ああ。牧野つくしは物事が急速に変化するのを好まない女だ。だから俺はじっくりいくことを決めた」

『恋をしたことがないお前がじっくりっだって?大丈夫か?まあ俺たち企業人は相手を論破するより実績を積むことの方が重要だ。だからお前は誠意という実績を積んで相手の心を掴むってことか?それで何をするつもりだ?お前女が喜びそうなことを知ってるのか?』

それは恋をしたことが無い男に向かって言われた当然とも言える言葉だったが、司は「ああ。やるべき事は決まってる」と返事をした。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2019.04.08 07:14 | 編集
司*****E様
おはようございます^^
自分にぴったりの女(笑)司は理想の恋を見つけたのでしょうか。
でも司は恋を知らない男でしたからねぇ。
そして恋は勘違いから始まるといいますが、司の場合は思い込みから始まるのでしょうか?(笑)
やるべきことは決まってる。
なるほど。何をするのでしょう。
あきらも気にしているようですが、アカシアも気になります‼
コメント有難うございました^^
アカシアdot 2019.04.08 22:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top