FC2ブログ
2018
12.23

愛の静寂に <前編>

<愛の静寂(しじま)に>  Christmas Story 2018 








父さんオオカミと母さんオオカミは我が子がハンターに狙われないかと心配していた。
父さんオオカミと母さんオオカミは共に白っぽい灰色の被毛をしていたから雪の上でも目立つことはないが、子供のオオカミはまだ茶色い毛をしていて、遠くからでもその姿がすぐに分かるからだ。

仔オオカミは思った。どうして僕は父さんとも母さんとも毛の色が違うのか。
そんなことを思う仔オオカミに母さんオオカミは、「心配しないで。母さんも小さな頃は茶色い毛をしていたのよ。だからあなたも大人になって歳を取れば父さんや母さんのように灰色の立派なオオカミになるから」と言った。

仔オオカミの父さんと母さんは年老いていた。
父さんオオカミが母さんオオカミに出会ったのは、ふたりがそれぞれの仲間を失ってから。
オオカミはパックという群れを作り生活しているが、ふたりはそれぞれの仲間を人間によって殺され共にひとりぼっちになっていた。
そして出会ったふたりは、すぐに寄り添い恋におちた。そして仔オオカミをもうけたが、仔オオカミに兄弟はいない。両親は年を取り過ぎていて、ふたりの間に生まれたのは仔オオカミひとりだけだった。


ある日、仔オオカミは父さんと母さんに連れられ雪山の中を歩いていた。
そして時々雪に身体をすり寄せ遊んでいたが、父さんオオカミと母さんオオカミは、そんな風に遊ぶ我が子の姿を楽しげに見つめていた。
そして父さんオオカミと母さんオオカミも互いの身体をすり寄せながら雪山を歩いていた。
冬はオオカミにとって恋の季節だが、まだ若い仔オオカミは恋をしたことがない。
それでも父さんオオカミと母さんオオカミの仲の良さから、いつか自分もメスオオカミと出会って恋をするのだと思っていた。

そのとき、風に乗って今まで嗅いだことがない匂いを感じた。と同時に風が裂かれる音が聞えた。
仔オオカミは匂いと音がする方を見た。
するとそこにいたのは今まで見たこともない大きな影で今にも襲い掛かりそうに見えた。その姿は立ち上ったクマかと思ったが、それは違った。それにクマには森の中で何度か出会ったことがあるが、クマが風を引き裂く音を出すことはない。それに森の中で一番強いと言われる父さんオオカミが他の動物に襲われることはない。
だが大きな影は風を引き裂く長い木の枝のようなものを持っていた。

「逃げろ!」

父さんオオカミはそう言って母さんオオカミと仔オオカミに叫んだ。
だが仔オオカミは、初めて見た大きな影に興味を惹かれ駆け出すのが一瞬遅れた。
そして大きな影が木の枝を目の高さに水平に持ち、こちらに向けると枝の先から炎が上がるのが見えたが身体が動かなかった。

そんな仔オオカミを父さんオオカミは体当たりして逃げるように言った。
だから仔オオカミは大きな影に背中を向けると雪の上を走り出した。だが仔オオカミの毛色は茶色で白い雪の上では目立った。だから父さんオオカミと母さんオオカミは、その姿が大きな影から見えない様にかばっていた。そして早く走れ。スピードを上げろと後ろから仔オオカミの身体を押した。だから仔オオカミは、まだ両親よりも小さな身体だが、真っ白な雪原を懸命に走った。
だがその時、再び風の流れを引き裂く大きな音がして、何かが焼けたような臭いがした。

「走れ!後ろを振り向くな!逃げろ!」

父さんオオカミはそう言って仔オオカミを先に走らせた。
そして仔オオカミは父さんオオカミの声を訊きながら走り森の中へ逃げ込み、そこでようやく走るスピードを緩めた。そして振り向いたとき、少し遅れて仔オオカミのところへ辿り着いたのは、白っぽい灰色の被毛を赤く染めた母さんオオカミと、そんな母さんオオカミを支える父さんオオカミの姿だった。

「母さん!」

仔オオカミは母さんの名前を呼んだ。
父さんオオカミは、母さんオオカミの身体から溢れる赤い血を止めようと傷口を舐めていたが血は止まらなかった。そして母さんオオカミの身体から流れる赤い血が、葉の上に積もった真っ白な雪の上に点々と跡を残していた。

「母さん!」

仔オオカミは厚い冬毛に覆われた母さんオオカミの身体に顔を寄せたが、その身体がだんだんと冷たくなっていくのが感じられた。
そして母さんオオカミは、白っぽい灰色の身体が赤に染まり、苦しそうに息をしながら仔オオカミに言った。

「….人間には気をつけるのよ…」

人間。
あれが人間。今まで見たことがなかったが、父さんと母さんから訊かされていた。
人間は森の動物を狩る野蛮な生き物で、動物のようにルールがない。
それは動物を食料として食べるのではなく、自分達の楽しみのため狩る凶暴な生き物であること。そして彼らは火を噴く木の枝のようなものを持っている。それは森に仕掛けられるワナとは違い、その枝のようなものを向けられた動物はすぐに息絶えてしまうこと。

仔オオカミは死について知っている。
それは父さんオオカミと母さんオオカミが仔オオカミのためにエサを運んできてくれるからだ。そして父さんも母さんも年を取っているから自分よりも早く死が迎えに来ることを知っている。森の食物連鎖の頂点にいるオオカミも死ねば誰かのエサになり、他の動物の命を繋ぐ。だから仔オオカミの中での死は人間に殺されることではなかった。

「人間は俺たちオオカミを殺そうとする。だから人間は敵だ。いいか。あの影を見たら近づくな。だがもし傍にいたら殺せ。俺たちは森の奥深くで暮らしてきた。人間には迷惑をかけたことはなかった。だが人間は俺たちの仲間を殺していく。父さんの父さんと母さんも、母さんの父さんと母さんも、仲間たちもみんな人間に殺された。だから人間は敵だ。お前は敵を倒せる強いオオカミになれ。この森で一番のオオカミになれ」

父さんオオカミは仔オオカミにそう言って冷たくなってゆく母さんの身体を舐め続けていた。





にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2018.12.23 08:42 | 編集
司*****E様
おはようございます^^
クリスマスのお話.....でも全然そんな雰囲気じゃない‼と思われていることでしょうね?
ここからどんな風に展開されるのかですか?
3話で終了ですのであと少しだけお付き合いをお願い致します^^
アカシアdot 2018.12.24 21:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top