FC2ブログ
2019
04.18

理想の恋の見つけ方 118

ホテルのロビーで人を待つ。
それが苦になるとは言わないが、約束をした訳ではなく、いつ現れるか分からない相手を待つほど退屈なことはない。だからロビーを行き交う人々を観察とまではいかないが、おのずと彼らに視線が向けられたが、老若男女。多様な人種。様々な人間がつくしの前を通り過ぎて行ったが、誰もが高級ホテルの名に相応しい装いと態度だった。

そして今は目の前を通り過ぎて行った女性に目を奪われていた。
その人は長い黒髪で背が高く、少し浅黒い肌からパッと見たところヒスパニック系に思えた。
白のインナーに鮮やかなピンクの上着を羽織り、パールのネックレスを首につけていて、その姿にセクシーさが感じられた。

その女性は、誰かと待ち合わせをしているのか。
つくしから少し離れた場所だが立ち止まり、人待ち顔でエレベーターの方を見つめていた。
眉はくっきりと描かれていて、唇にはたっぷりとグロスが塗られているのか艶やかだ。
年齢は恐らく30代ではなかろうか。
それは、研究仲間にスペイン人の女性もいることから年齢を推察したに過ぎないが、落ち着いた態度に大人の分別が感じられた。

そしてロビーにいる男たちの眼差しは彼女に向けられていた。
それは女性本人の意志とは関係なく男性を惹き付けているということ。アメリカでは女性の誉め言葉として言われるのは、可愛いよりもセクシーで、男たちの視線にはそういった称賛が見て取れた。
だがその女性は、そういったものを無視してエレベーターの扉を見つめていた。
誰かを待っているのは明らかだが、相手の性別は男性ではないかと思えた。
つまり恋人を待っているということ。
そしてその先に見えるのは、感動的な再会の場面であり、間違ってもつくしが道明寺司とメープルのラウンジで待ち合わせた時のように相手に平手打ちなどしないはずだ。

やがてエレベーターの扉が開き1人の男性が現れた。
すると女性は男性に駆け寄った。そして男性に抱きついてキスをした。
その光景はアメリカの空港や駅でよく見かける光景であり好奇の目が注がれることはない。その代わり注がれたのは、ロビーにいた男たちの残念そうな眼差し。
そして暫く抱き合っていた男女は見つめ合い言葉を交わすと互いの身体に腕を回し、つくしの前を通り過ぎていった。








道明寺司を待ち始めて2時間以上が経った。
時計の針は5時半を回っていて、たった今つくしの前を通り過ぎていった男女は、これから食事にでも出かけるのだろう。恋人同士の食事が何であれ、好きな人と食事をすることは楽しいはずだ。
果たして自分にそういった経験があったかと言えば、大学生の頃付き合っていた恋人との間にあったはずだが、今となってはそれを思い出すことは出来なかった。
その代わり思い出されるのは、記憶にも新しいあの男との食事だ。
『俺は今まで女と食事をして楽しいと感じたことはない。だがな、お前と行った中華料理屋の食事は楽しいと感じた』道明寺司はそう言ってつくしと同じ料理を食べた。

だが二人が楽しく食事をしたかと言えば、そうではない。
少なくともつくしは楽しいとは感じられなかった。あの食事は川上真理子のことを訊くための食事であり、仕方なく決めた店が行きつけの中華料理屋の丸源だった。
だからつくしは、食べ慣れた料理を黙々と口に運んだに過ぎなかったが、あの男はそんな女と食事をしたのが楽しかったというのだからある意味変わっている。
けれど、丸源の料理をお前の言う通りで美味いと言った。それは何でも率直に言う男の態度から、お世辞とは思えなかった。

男性と差し向かいで食事をする。
結婚して家族になればそれが延々と毎日続く。
もし道明寺司と結婚したら毎日あの顔と食事をすることになるが、嫌味なほど綺麗な顔を持つ男は箸を持つ姿勢も美しかった。
そんな男の前に出来上がった料理を運び、もぐもぐと口を動かしながらどんな会話が交わされるのか。いや、それ以前につくしの作る料理を食べるのか。あの男の舌は肥えているはずだ。だから庶民の味を受け入れるとは思えなかった。
けれど丸源の料理を口に運び見せた意外だといった顔が甦る。
だがそこで思考を止めた。
なぜ自分が道明寺司と食卓を囲むことを思うのか。




「……..?」

「…..おい?……野?牧野つくし?」

名前を呼ばれハッと我に返ったところで視界に入ったのはダークスーツの一団。
顔を上向けたそこにいたのは、今まで頭の中を占領していた道明寺司だった。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment:1
2019
04.16

理想の恋の見つけ方 117

「申し訳ございません。当ホテルはお客様のお問合せにお答えすることは出来かねます」

「私は怪しい者じゃありません。彼の飛行機でこの国に来たんです。このホテルに宿泊しています。渡したいものがあるので彼の部屋番号を知りたいだけです」

つくしはそう言ってルームキーを示した。
それに必要とあればパスポートを提示するつもりでいた。

「お客様。お客様がおっしゃるその方は当ホテルにご宿泊をされているとおっしゃいましたが、当ホテルは宿泊されるお客様のプライバシーを第一に考えております。ですから、先ほども申し上げましたようにその方がご宿泊されているかどうかはもちろんですが、お客様の個人情報を第三者様への開示や提供はいたしません」

「そんな….」

つくしは、道明寺司にブローチを返すため部屋番号が知りたいと言った。
だがよく考えてみれば、サービスの行き届いたホテルだからといって高級ホテルが宿泊客のことを軽々しく他人に教えるはずがない。
それに部屋番号を知りたい相手は道明寺司だ。
超が付くほどのVIPで命が狙われる危険もある人物だ。
そんな人物がどの部屋に泊っているかなど漏らすことになれば安全面でのこともだが、ホテルとしての信用にも関わってくる。いや。それ以前にここに宿泊していることすら認めることはなかったが、つくしはあの男の同行者としてこのホテルに滞在している。だから教えてくれてもよさそうなものの、フロントの口は硬かった。

確かに、つくしが同行者であると言うのなら、部屋番号など本人から直接訊けばいい話であり、わざわざフロントで訊ねることはない。
それにつくしについて疑っていると言われればそれまでだ。
と、なれば、あの男に会うためには、ここであの男の帰りを待つしかないということになる。
つまりボディーガードの一団に囲まれたあの男が戻って来るまでロビーにいるしかないということだ。
だがビジネスで出掛けた男のスケジュールなど知るはずもなく、いつ戻って来るのか見当もつかなかった。もしかすると戻って来ない可能性もある。

「はあ…..。あの男。いつ戻って来るのよ」

つくしはフロントを離れると大きなため息をついた。

それにしても、出来ることなら会いたくないと思う男に自分から会うことを求めることになるとは思いもしなかった。
だがそれは高価なブローチを返すためであり、そうでなければ会う必要もなければ、会いたいとも思わなかったはずだ。
それにつくしは、自分が喜んでブローチを受け取ったなど思われたくなかった。
受け取らなければ部屋から出られない状況に置かれたから仕方がなく受け取った。
だからなんとしてもあのブローチを返さなければと思い腕時計を覗いて時間を確認したが、針は午後3時15分を指していた。

昼食を一緒に取れなくて申し訳ないと言ったが、夕食のことは言わなかった。
それは、端からつくしと一緒に夕食を取るつもりはないと言うことなのか。
それとも夕食の時間までには戻って来るということなのか。
別にあの男と一緒に食事を取ろうと考えてもないのだから、こんなことを考える必要はないのだが、もし今日会えないとなれば明日でなければ会えないということになるのかと考えた。

だがつくしは、明日は朝からウッズホールに行く予定にしている。
そして次の日も、その翌日も、そしてそのまた翌日もと予定を入れている。と、なると会うことが出来るのはいつになるのか。昼食を終え一度部屋に戻り、それからフロントへ降りて来たが、あの男がいつ戻ってくるか分からない以上ここで待つ以外会う方法がないというなら、ここにいるしかない。
だからつくしは、ここにいることに決め、ロビーに置かれている淡い色をしたソファに腰を下ろしたところでふと思った。

今の自分はあの男のことばかり考えている。
これではまるで道明寺司のストーカーではないか___

「じょ、冗談じゃないわよ!どうして私があの男をストーキングしなきゃならないのよ!」

思わず立ち上って口を突いた言葉は静まり返ったロビーに響いた。
そしてその声にこちらを向いて眉を上げた人間がひとりだけいて、つくしは思わず、すみません、と小声で呟いて腰を下ろした。

それにしても、どれくらいここで待てばいいのか。
待つことを決めた自分に内心呆れかえったが、待つと決めた以上待たなければならなかった。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
Comment:4
2019
04.15

理想の恋の見つけ方 116

つくしは1階のレストランで出されたステーキを見つめていたが、ナイフとフォークを手に取った。そして肉を切り始めたが、頭の中はあのブローチのことがあった。

ダイヤモンドとルビーで出来た鳩のブローチは部屋に置いて来たが、もし泥棒に入られたらどうしようという思いとともに、ああいった高価な宝石には保険がかけてあるはずで、自分が気にすることではないと頭を切り替えた。

それに受け取るつもりはない。
もし仮に受け取ったとしても、あんな高価な物を付けて行くような場所はない。
それにしても、あの男はいったいどういうつもりで鳩のブローチを贈りつけたのか。
まさか道明寺司は、平和の象徴と言われる鳩を自分達の間を取り持つ交渉の遣いとして寄越したつもりなのか。だが鳩は自身と同じ平和の象徴と言われるオリーブの枝を咥えてはいなかった。いや。今は鳩がオリーブを咥えていようがいまいが、そんなことはどうでもいい。
それよりも女性に高価なジュエリーを与えることで相手の心を掴もうと考えているなら、それはつくしのことを全く理解していないということになる。

それにあの男は言ったではないか。
金や自身の容姿に惹かれるような女に興味はないと。
それはつくしも同じであり、たとえ相手が世界規模の巨万の富を持つ男だとしても、富や外見には一切興味がなかった。そして道明寺司はそんなつくしのことが好きになったと言った。
だからこそあのブローチの意味が全く分からなかった。
そんなことを考えながら切れた肉を口に入れ噛んだが、焼き具合はミディアムレアでと頼んだ通り柔らかさが楽しめた。

「おいしい….」

ボストンの高級ホテルで昼食を取るとは思わなかったが、出されたステーキは美味しかった。そして今は道明寺司のことを考えるよりも、目の前の料理を楽しむことに決めると、短い滞在期間のスケジュールを頭の中で確認した。

今日は到着したこともあり予定は入れてないが、明日は副島教授の紹介でサメの研究をしているブラウワー博士とウッズホールで会うことになっている。
そして明後日は若手のサメの研究者やエイの研究者と交流を深め研究情報を交換するつもりでいた。そしてその翌日はイカの研究者と会う約束をしていた。
そしてその次の日はハーバード大学が所有する博物館に行く予定にしていた。

だから道明寺司が言った『日常的な俺を知って欲しい』は無理だ。
それにあの男もビジネスでここに来たのだから忙しいはずだ。
だから二人が一緒に過ごす時間は無いに等しいと言っていい。
そう思うと、考える必要がないことを考えることはないと思えた。
それにあのブローチは帰りの機内で渡せばいい。だがホテルの部屋での保管状況には不安がある。それならやはり早々に贈り主に返すべきだろう。
つまり、平和の象徴と言われる鳩だが、高価な鳩はつくしの所に留まることはないということだ。
だが部屋がどこかは訊かされなかった。それにつくしも訊かなかったが、フロントで訊けば分かるはずだ。
そしてブローチを返す算段がつくと気持ちが楽になった。







***







「道明寺副社長。我社は道明寺グループの一員となりました。今回のことは我社が望んでのことですので、決して乗っ取りではありません。何しろ我社の研究には莫大な資金が必要になります。その点を踏まえてご興味を持っていただいた御社には感謝申し上げます」

司は買収に合意していた会社の買収を完了させるためにボストンに来た。
その会社は人工知能を備えたロボットの研究開発を手掛ける企業だが、合意から1年余りの期間を要し晴れて買収手続きが完了した。

「オブライエン社長。御社が我社のグループの一員となり今後も発展していくことが私の望みです。それから今後の人材育成や製造および量産体制を整えるためにも融資の方は間違いなく行われるますのでご安心下さい」

「そうですか。それは大変心強い。道明寺副社長のビジネス手腕は誰もが認めるところです。それに今後の我社を引っ張っていくことが出来る若手の人材を育成するためにも資金は不可欠ですからな。改めてお礼をいいますよ。御社が一番いい条件で我社を買ってくれたのですから」

司より年上の男性は、そう言って笑顔を浮かべ握手を求めたが、ここまで来るのに1年かかったということは交渉が難航したと言ってもいい。
この会社は今から25年前、社長のオブライエンがアメリカ屈指の名門と言われる多国籍コングロマリット企業を辞め起業した。つまり創業者である男は当時少壮気鋭の研究者だった。
だからたとえ経営権が自分の手から離れたとしても、我が子のように育てた会社の繁栄を望むのは当然だ。
そしてそんな男が交渉中に見せる表情には司と同じで冷たさしかなかったが、こうしてすべてが終わった今、男が笑った顔は好感が持てた。
つまり買収されたとはいえ、会社の繁栄を願って司に売ったということがその表情に現れていた。

「ところで今夜はディナーにご招待をしようと思いましたが、お忙しいとのことでしたな。もしかして女性とお約束でもおありでしょうか?いや、これは無粋なことを申し上げました。何しろあなたのような男性は女性が放っておかないと言われていますから相手がどのような女性か知りたいような気もしますが、どうぞボストンの夜を楽しんで下さい」

と言われたが、牧野つくしは手強い。
だがブローチは受け取ったと連絡があった。
そして突き返しに来ることは目に見えていた。
だから司はそれを楽しみにしていた。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
Comment:4
2019
04.14

理想の恋の見つけ方 115

つくしは男の口から飛び出したお前は鳩に似ている、の言葉に怪訝な顔をして男の方を向いた。

「私が鳩?」

「ああ。俺が幼稚舎の頃だが鷹にでも襲われたのか。灰色の毛の一部がむしられ傷ついた鳩が庭の片隅にうずくまっているのを見つけた。あの当時両親はアメリカ暮らしで俺は邸で姉と使用人の老婆と生活していた。老婆は傷ついた鳩を自分の部屋に連れて帰り介抱した。鳩は初め人の手から餌を貰うことを躊躇っていた。だがやがて老婆が与える餌を食べるようになり俺にも懐いた。知ってるか?鳩って鳥はグルルって鳴くことを」

司は生き物と親しく触れ合ったことがなかった。
それだけに初めて間近に接した灰色の鳩は陰鬱な色かもしれなかったが、首回りに緑や青を含んだ小さな頭をわずかに傾け、司を見る姿は可愛らしいと思えた。

「だがある日。老婆の部屋の鳥かごの中にいたはずの鳩はいなくなった。老婆は逃げたんだと言ったがそうじゃないことが今なら理解出来る。つまり傷が癒えたから逃がしたってことだ。その時野性の鳩を飼うことは出来ないって言われた。それに鳩には鳩の世界があるってな。たとえまた大きな鳥に狙われて傷ついたとしても、大空を飛ぶ鳩はその方がいいってな。それから何年か経った後、庭に鳩が巣を作ったと訊かされたが、その鳩があの時の鳩だかどうかは不明だ。それにその頃の俺はもう鳩に興味はなくなっていた。だから鳩が庭の木に巣を作ろうが卵を産もうがどうでもよかった。とは言っても一度だけ様子を見に行った。あいつらが互いに羽根をつくろい、餌を運んで来る姿は細やかな愛情ってものがあった。それは子供心にも感じられた。親が子を育てる姿ってのは、こういうもんだってな」

つくしは、経済界のサメと呼ばれ経営手腕に秀でた男も、幼少期には感情豊かな内面があったのだと知った。
そして男が少年時代は荒れていたという話と、幼い頃から両親と離れて暮らしていたという話を訊かされたが、気の毒に思えということなのか。誰かと心の結びつきが欲しいということなのか。

だが正直この話しをどう受け取っていいのか分からなかった。
それに鳩に似ていると言われたが、何がどう似ているというのか。
外見で似ていることと言えば、鳩の身体を覆うチャコールグレーの羽根が、いつも着ているスーツの色と同じだということと、目が丸いということだろうか。
けれど本質的な意味での言いたいことは理解出来ていた。
それは、鳩が傷を癒すと飛び立ったように、たとえ身体に傷跡があったとしても気にするなということだ。

今では遠い昔の話だが、当時付き合っていた恋人に傷跡を直視することが出来ないと言われ別れた。だがこうしてボストンまで一緒に旅をして来た男は、嘘をついたことは別としても、足に傷跡を持つ女を好きだと言う。

「鳩もそうだが動物の雄と雌の間は駆け引きや打算がない。牧野つくしという女は、自分の世界をしっかりと持っている。他人に流されることがない。それに地道な努力なしに大学の准教授になることは出来ないはずだ」

それは褒め言葉と取ればいいのか。
だが電話の相手だった男の言葉を真面目に受け取ったばかりに嘘をつかれていたことを見抜けなかった。だから道明寺司を相手にするなら用心深くしなければならなかった。

「俺が牧野つくしという女を好きな理由は話した通りだが、どんなに理由を話したとしても、人を理解することと、恋をすることは違う。恋は理解出来ない。分からないから人間は思いを抱くはずだ。だからこれから1週間という短い時間だが日常的な俺を知ってくれ」












『日常的な自分を知って欲しい』

道明寺司の話は車がホテルの車寄せに到着した時に終わったが、あの男の日常的な風景とはいったいどんな風景なのか。
それにしても、あの男の話が本当だとして、鳩に語り掛けている姿を想像すると可笑しかったが、幼少期がカトリックの聖人である聖フランシスコだった男は、フランシスコと同じ金持の家に生まれ大人になった。そして聖人とは異なった意味での奔放な青春時代を送ったのだから、そのことを考えると興味深いものがあった。

ホテルはボストンの中心部にあり、研究所があるウッズホールまでは、かなりの距離があるが車は自由に使えばいいと言われたが、ここに来た目的は研究所に行くことであり、そうさせてもらうつもりでいた。
そして部屋へ案内され暫くぼんやとした後、1階のレストランで食事をするつもりで外へ出ようとした。その時、部屋のベルが鳴りお届け物ですと届けられたのは小さな紙袋。
チョコレートか何かかと思ったが、ホテルの従業員とは別にブラックスーツの男性とセキュリティが付いていて受取りのサインを求められた。
と、言うことは、この紙袋の中身はチョコレートやクッキーといった食べ物ではないと気付いた。
そして、この現状で送り主の名を告げられなくても、あの男以外には考えられなかった。
だから断ろうとした。
だが3人の男達は、つくしが受け取るまではこの場を離れるなと言われていると言った。
つまり受け取らない限りは、食事に行くことが出来ないということだ。
だから仕方なくその紙袋を受け取った。そして『HARRY WINSTON』と文字が入った袋の中から出て来たのは濃紺の小箱。いったいあの男は何を贈って来たのか。
リボンが掛けられた紙袋と同じ色をした箱を開けると、やはり同じ色をしたベルベットのケースが出てきた。そしてその中に収められていたのは鳩のブローチ。
眩いばかりの煌めきはダイヤモンド。そしてダイヤモンドの次に硬いと言われるルビーが鮮やかな彩りを添えているが、それはピジョン・ブラッドと呼ばれる鳩の血の色でルビーの中では最高級の色のものだった。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
Comment:2
2019
04.11

理想の恋の見つけ方 114

ボストンに到着したのは現地時間の昼前。
プライベートジェットの利点のひとつは入国審査の列に並ぶ必要がないことだと訊かされたが、道明寺司が列に並ぶことを想像することは出来なかった。
そして当然だがターンテーブルから荷物をピックアップする必要がない。だから小さな鞄だけを手に迎えの車に向かったが、そこには黒のスーツにサングラスをかけた屈強な男達が数名いて、彼らがボディーガードだということは誰が見ても分かるはずだ。

ここはアメリカだ。
だから彼らが銃を携帯していることは理解しているが、ひとりの男性の上着が風に煽られたとき、腰に着けられたホルスターに収められた銃が目に留まった。
この国では腰に拳銃をぶら下げて歩いている人間は珍しくない。だから驚くことではないのだが、それでも確実に人の命を奪うことが出来る武器が携帯されていることは、平和と言われる日本から来たつくしにすれば慣れないことだ。

だが自身はレストランのトイレから連れ去れる目にあったばかりで怖い思いをした記憶はまだ新しい。それに犯罪は時と場所を選ばないと言われている。そしてそれはどこの国でも同じはずだ。だからこの国で道明寺司のような企業経営者の警護に丸腰などありえない話だろう。







黒のリムジンは、空港を出るとホテルに向かったが、この街でビジネスの約束があると言った男は早速これから人と会うと言う。

「牧野先生。昼食に付き合えなくて申し訳ない」

道明寺司は、つくしのことを「牧野先生」と呼んでいるが、それはこの旅がビジネスを重視したものだと言いたいのか。そうだとすれば、このままビジネスライクを通してもらえれば有難い。何しろその方が余計なことを考えなくて済むからだ。

けれど、隣に座る男は、つくしのことを自分にぴったりの女だと言い、諦めるつもりはないとまで言った。
つまり、このアメリカ旅行を最大限に利用して何かしようと考えている可能性は大いにある。もしそうなら、それは無理だという意思表示をはっきりとすることが必要だ。
それは女性を海外旅行に連れ出せば簡単に落とせると思っているなら大間違いということをだ。

それにこの旅で二人は同じホテルに宿泊はするが、ひとりはビジネスのため。
もうひとりは研究活動の一環としての渡航であり、つくしにすれば、ここにいるのは同じ飛行機に同乗させてもらっただけで何の係わりもないという認識だ。
だから昼食に付き合えなくて悪いという男に、「どうぞお構いなく。ひとりで食事をするのは馴れてますから」と答えた。
すると、「ひとりの食事ほど退屈なものはないはずだ」と言われ、「いいえ。退屈なんかしません」と冷ややかに言うと、「いや。退屈なはずだ」と言って笑みを浮かべたが、勝手に決めつけないで欲しい。

「俺は今まで女と食事をして楽しいと感じたことはない。だがな、お前と行った中華料理屋の食事は楽しいと感じた。俺は人が美味そうに食べる姿を見たことがない。ビジネスランチや会食ってのはビジネスの一環で楽しむものじゃない。それに食事が待ち遠しい。そんな気持ちになったことはなかった。だがあの日は牧野つくしと食事がしたいと思った。それにあの時の食事は美味いと感じられた。それに女と食事をすることが楽しいことだと知った。それは純粋に食事を楽しむ女が目の前にいたからだ」

表情が豊かとは言えない男が見たことがないほど優しい目をしてつくしを見る。
それは喜怒哀楽を必要としなかった男が見せる喜びの表情だとすれば、鋭いと言われる二つの眼をここまで柔らかくすることが出来るのかと思った。
そして、そんなことを考えているうちに口にすべき言葉を失っていた。
それが相手の堂々とした態度に押され気味とは思わないが、つい物事に筋道を立てて考えてしまう性分を変えることは出来ない。だから何を言おうかと考えるつくしに対し男は続けた。

「俺はガキの頃から喧嘩は得意だった。誰かを殴りたくなれば喧嘩を仕掛けた。だが少し大人になってくると喧嘩を仕掛けるよりも誘い込むことをしていた。まあ時に意味もなく殴ることもあったが、それじゃあ面白くない。相手もその気になるから喧嘩は面白い。だから誘い込んだ。喧嘩というゲームにな。だが俺自身が殴られることもなければ負けたこともない。それがやんちゃだと言われた俺の青春時代だが、男はそうやって身体を使って勝負をする。腕力の世界の勝ち負けは誰が見ても分かるようにはっきりしてる。
だが女は同じ身体を使うにしても別の使い方をする。俺の周りにいた女たちは自分の身体を使って男を罠にかけることが当たり前だった。子供が出来たといって男を掴まえる女もいるが、そういった女は計画的だ。つまり女は裏表があるズルい生き物。それが俺が女に対して抱いていた感情だ」

若い頃やんちゃで喧嘩をしても負けることがなかった話は、足を捻挫し病院に運び込まれた時に手当をしてくれた医師から訊いた。その時、一度だけ深い傷を負ったという話も訊かされた。
そして道明寺財閥の後継者ともなれば、周りに集まる女性たちが道明寺司夫人の座を手に入れようとしていることは本人もよく分かっている。
けれど、つくしはそんなことに興味がない。
それに自分に嘘をついた男の女性に対する考えを訊かされても何を言えばいいのか。
いや。何も言う必要はない。だから黙って前を向いていた。

「だがな。どんなに女達が魅力的に振る舞おうと心はセックスで満たされることはない。それにお前は似てるんだよ。庭の片隅にうずくまってた鳩にな」




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
Comment:4
back-to-top